歯磨きでインフルエンザ予防 横浜・中川駅前歯科クリニック

●口の中の細菌はインフルエンザウイルスのサポーター

インフルエンザウイルスは大腸菌やブドウ球菌の1/10、僅か1/10000mmの大きさで、標的となる細胞にくっつき、侵入します。細胞に入り込んだインフルエンザウイルスは、細胞のエネルギーやタンパク質を作る働きを利用して仲間を増やしていきます。また、その過程で細胞を破壊します。

インフルエンザウイルスは、鼻から喉(のど)にかけての粘膜にくっつき、細胞に侵入します。ただし、通常は粘膜はタンパク質で覆われているため、インフルエンザウイルスはなかなかくっつくことはできません。

口の中の細菌はプロテアーゼ、ノイラミニダーゼという酵素をつくります。プロテアーゼ、ノイラミニダーゼは粘膜を覆っているタンパク質を破壊して、インフルエンザウイルスが粘膜にくっつき、細胞に侵入するのを手助けします。また、細菌が出す毒素(内毒素)は炎症をおこし、感染を拡大させます。

口の中が汚れていると細菌が増殖し、粘膜を覆っているタンパク質が破壊され、インフルエンザウイルスは粘膜にくっつきやすくなり、細胞に侵入しやすくなります。結果として、インフルエンザを発症する要因となります。



口の中が汚れていると、インフルエンザを発症しやすくなる。



口の中の細菌はインフルエンザウイルスのサポーター口内の細菌がインフルエンザウイルスを手助け



●歯磨きでインフルエンザ予防

毎年冬になると流行するインフルエンザ。口の中をきれいにすることで、インフルエンザの予防ができることが、明らかにされています。

毎日の歯磨きをしっかりおこない、歯科医院での歯周病や虫歯の治療、歯のクリーニング(PMTC)などをおこなうことで口の中の細菌を減らすと、プロテアーゼやノイラミニダーゼの量が減り、インフルエンザの発症も抑えられるとされています。

新型インフルエンザ 新型インフルエンザウイルス(インフルエンザA/H1N1)


口の中をきれいにすることでインフルエンザを予防する取り組みは、医療機関、介護施設、学校などで広まってきています。

一例として、2009年から2010年のインフルエンザ流行時に、杉並区の区立小学校で洗面台を増設、歯磨きを促進する運動をおこなったところ、インフルエンザによる学級閉鎖は半分近くまで減少したとことです。

口内ケアでインフル退治 歯の清掃でインフルエンザを予防(産経新聞)



歯磨きをしっかりおこなったり、歯科医院で歯のクリーニング(PMTC)をおこなうことで、インフルエンザの予防がはかれる。


関連するページ
口腔ケア 口腔ケア Q&A 口腔ケアの効果  歯のクリーニング 歯のクリーニングの効果




●インフルエンザ予防効果の一例※1

東京歯科大学の研究グループが東京都府中市の介護施設において、入居者に対して通常の歯磨きだけでなく、歯科衛生士が週1回、歯の清掃(口腔ケア、歯のクリーニング)を実施したところ、歯磨きだけの入居者に比べるとインフルエンザの発症率が87%も減少、風邪の発症率も24%も減少しました。


インフルエンザの予防効果



口の中の細菌が増殖すると、インフルエンザ治療薬の効果も低下※2etc.

2015年6月、日本大学歯学部の研究グループは歯周病菌がインフルエンザウイルスの感染を手助けしているとの研究結果を発表しました。

研究グループは、2014年冬に流行したA香港型ウイルス(H3N2)で実験。このインフルエンザウイルスに歯周病菌を混ぜるとインフルエンザウイルスの感染が広がり、歯周病菌がつくる酵素(ジンジパインRpg)がインフルエンザウイルスの感染能力を高めることも突き止めました。

この研究グループは、2015年2月に口の中の歯周病菌などの細菌が増殖すると、タミフルなどのインフルエンザ治療薬の効果が低下することも明らかにしました。歯周病の予防や治療は、インフルエンザを発症したときの症状軽減や治療効果を高めるうえでも大切といえます。



歯周病菌が増えると、インフルエンザウイルスの感染能力が高まり、インフルエンザの症状を悪化させる。

口の中で歯周病菌等の細菌が増殖すると、インフルエンザ治療薬の効果が低下する。



※1 Abe S, Ishihara K, Adachi M, Sasaki H, Tanaka K,Okuda K: Professional oral care reduces influenza infection in elderly. Arch Gerontol Geriatr. 2006;43:157-164. ※2 Cell Mol Life Sci. 2015 72(2):357-66. Kamio N、Imai K、Shimizu K、Cueno ME、Tamura M、Saito Y、Ochiai K. Neuraminidase-producing oral mitis group streptococci potentially contribute to influenza viral



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  歯周病  歯周病と全身とのかかわりについて  訪問歯科  認知症


歯磨きでインフルエンザ予防