ストレス性ドライマウス

様々な要因から引き起こされるドライマウス(口腔乾燥症)。ストレスを原因としてドライマウスを発症する人は多く、近年のストレス社会の中では増加しているといわれています。



●ネバネバの唾液とサラサラの唾液

唾液の分泌は交感神経、副交感神経の2種類の神経によってコントロールされています。

交感神経の刺激によって分泌される唾液は、水分が少なくタンパク質が多いため、口の中が乾いたり、ネバネバした感じがします。一方で、副交感神経の刺激によって分泌される唾液は、水分が多くタンパク質が少ないため、サラサラした感じがします。

緊張したり、ストレスがかかると交感神経が刺激されるため、唾液の水分は少なくなります。
結果としてドライマウスになります。逆にリラックスすると副交感神経が刺激されるため、唾液の水分は多くなり口の中を潤します。


ネバネバの唾液とサラサラの唾液ネバネバした水分の少ない唾液がドライマウス発症の一因

関連するページ  唾液の働き



●ストレス社会とドライマウス

近年はストレス社会といわれ、仕事、家事、学業など様々ところからストレスを受けます。厚生労働省の調査によると、日常生活においてストレスを感じている人は約半数にもなります。誰もがドライマウスを発症するリスクがあるといえます。


ストレスの程度保健福祉動向調査(厚生労働省)

関連するページ  ドライマウス  ドライマウスを引きおこす全身の病気  ドライマウス Q&A



●ストレス性ドライマウスの治療

一時的な緊張やストレスによる唾液の減少は、ストレスを回避することや「趣味やスポーツに打ち込む」、「のんびりする」、「人に話す」などにより、ストレスを発散させることによって治すことができます。

ところが、ストレスの原因を取り除くことが困難であったり、慢性的にストレスが続けば、唾液の減少も長期にわたって続くこととなります。長期にわたる口の中の乾燥感、不快感、異常感がストレスとなり、さらなる唾液の減少を招くことがあります。

この負の連鎖を改善するためには、ストレスをコントロールしていくことが必要となります。自分でのストレスコントロールが難しい場合は、歯科や心療内科などでカウンセリングを受けることにより、ストレスをコントロールしていきます。また、一般的なドライマウスの治療もあわせておこなっていきます。

舌痛症(ぜっつうしょう)を併発することも多くあり、舌の痛みがある時は舌痛症の治療もあわせておこないます。

ストレス ストレスが唾液の減少を招きます

関連するページ  舌痛症  舌痛症の治療  舌痛症 Q&A



当クリニックはドライマウス(口腔乾燥症)唯一の学会組織である「ドライマウス研究会」が発足した2002年からメンバーとして参加しています。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)



ストレス性ドライマウス 横浜・中川駅前歯科クリニック