舌痛症の治療 横浜・中川駅前歯科クリニック

舌痛症に関する情報や研究は少なく、治療をおこなっている医療機関はほとんどありません。医療機関に受診しても「異常はないです」、「気のせいです」と言われて、治療が終了となることも多いようです。

治療はどこの専門の医療機関でも長期間かかることが多く、短期間にすぐに結果を求めるのではなく、あせらず長い目で根気よく治療を続けていくことが大切です。口腔灼熱症候群(バーニングマウス症候群)も同様の治療となります。



つめ物や入れ歯の改善、歯の鋭縁の研磨  歯科(主な診療科)
とがった歯やつめ物に舌が当たると傷つき、痛みの原因となります。銀歯やさし歯を装着した直後から舌痛症を発症することも多くあります。

舌に直接触れる部位の歯やつめ物に問題があれば、磨いたり、つめ物の交換をしていきます。ただし、「歯がとがっているので磨いて欲しい」、「つめ物が悪いので代えて欲しい」と訴えて来院される患者様のほとんどは問題はありません。

むしろ、歯を磨いたり、つめ物の交換によって、症状がかえって悪化することが多いため、治療は慎重におこなう必要があります。

銀歯 金属アレルギーが原因として大金をつぎ込む方がいますが、できれば避けて下さい

関連するページ  舌痛症  舌痛症 Q&A  舌痛症治療の流れ  治療データ(舌痛症)



●歯の清掃(歯のクリーニング、PMTC)  歯科
歯の表面に歯垢(しこう)や歯石が付着してザラザラしていると、舌を傷つけることになります。また、口の中が汚れているとカンジダ(カビの一種)が繁殖し、口腔カンジダ症を発症します。口腔カンジダ症は、舌痛の原因の一つとなっています。

歯の清掃(クリーニング、PMTC)をおこない、口の中の細菌を減らし、歯の表面をツルツルにしていきます。

歯石 舌の前歯に着いた歯石が舌を傷つけることもあります

関連するページ  歯のクリーニング  歯のクリーニングの効果  歯垢と歯石



マウスピース、保護床の装着  歯科
舌痛があると、気になって盛んに舌を動かしてしまうことがあります。不必要、不自然な動きは舌を傷つけ、舌の痛みの原因となることがあります。

不必要、不自然な舌の動きを止めるのはもちろんですが、マウスピース(プロテクター)を作製して歯に装着することにより、舌が歯に触れるの防ぎ、舌が傷つくのを防ぎます。マウスピースは通常下の歯に装着しますが、上の歯が気になる時は上の歯に装着します。

入れ歯のようなプラスチックでできた「保護床(ほごしょう)」を装着することもあります。

プロテクターマウスピース(プロテクター)  舌保護床舌保護床



●ドライマウス(口腔乾燥症)  歯科、耳鼻咽喉科
唾液には粘膜を保護する作用があります。唾液が減少すると舌が傷つき、痛むことがあります。

舌痛を訴えて来院される患者様の多くがドライマウスを合併しており、ドライマウスの治療により舌痛を治していくこともあります。味覚障害を合併していることもあり、味覚障害の治療を同時におこなうこともあります。

水 自分では気付かないうちに、ドライマウスになっていることがよくあります

関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)  味覚障害  唾液の働き



●口腔カンジダ症※1  歯科、内科
カンジダ(カビの一種)による舌炎が原因で、舌痛を発症することがあります。

アムホテリシンB(ファンギソン)、ミコナゾール(フロリードゲル経口用)、イトラコナゾールなどの抗真菌薬を服用するとともに、歯みがきをしっかりおこない、歯科医院で歯の清掃(クリーニング、PMTC)をおこなって口の中をきれいにすると、舌痛が改善されることがあります。

日本歯科大学の研究グループの調査では、舌痛症の患者さんのうちカンジダを検出できたのは30%でしたが、抗真菌剤「イトラコナゾール」を1〜3週間服用したところ、98%の人に効果がありました。

カンジダ カンジダ(カンジダ・アルビカンス)

※カンジダ菌の検査について
口腔カンジダ症であっても、通常の綿棒を使用した検査では、陽性になることは少ない傾向があります。そのため、検査で陰性でも、口腔カンジダ症の治療により舌痛症が治る人が多くいます。


関連するページ 口腔カンジダ症  口腔カンジダ症の原因  口腔カンジダ症の治療



抗うつ剤、向精神薬、神経障害性疼痛治療薬※2  歯科、心療内科、内科
舌痛症の治療では、抗うつ薬、向精神薬、神経障害性疼痛治療薬による治療がおこなわれます。うつ病など精神的な病気にかかっていなくても、効果があるとされています。当クリニックを含め、国内外で舌痛症の治療に多く使用されています。

治療では、三環系抗うつ薬(トリプタノールほか)、神経障害性疼痛治療薬(リリカほか)などが使用されます。

東京医科歯科大学歯学部付属病院(歯科心身医療外来)では、抗うつ剤などの薬を使用した治療で実績をあげています。舌痛症の治療で来院された患者さんの68%が治療により著名改善もしくは改善、15%がやや改善となっています。

改善率が高いのはただ単に薬を出すだけでなく、症状に応じて薬の投与方法を変えるなど、舌痛症に対する高い技術を有しているためと思われます。

薬 薬の服用

関連するページ  神経障害性疼痛  歯科治療後の神経障害性疼痛



漢方薬  歯科、心療内科、内科
舌痛症では、漢方薬による治療もおこなわれています。舌痛症に有効な漢方薬としては、柴朴湯(さいぼくとう)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、麦門冬湯(ばくもんどうとう)、立効散(りっこうさん)、小柴胡湯(しょうさいことう)などがあります。服用期間は1〜3ヶ月ほど、長いときは1年ほど服用します。

漢方薬 漢方薬(十全大補湯)

関連するページ  舌痛症の治療に使用される漢方薬



●ラフチジン※3  内科
ラフチジン(プロテカジン)は胃潰瘍の薬ですが、舌痛に効果があることが知られています。舌痛の原因の一つとして舌の血流障害がありますが、ラフチジンは舌の血流を改善や痛みを和らげる作用があります。漢方薬も同様の効果をもつものがあります。

東京医科大学の研究グループがおこなった調査では、舌痛症の患者さんにラフチジンを投与したところ、84%に有効でした。



ビタミン剤※4  歯科、耳鼻咽喉科、心療内科、内科
肌荒れと同じように、ビタミン不足になると舌を含む口の中の粘膜は荒れやすくなります。
その結果、舌が痛むことがあります。

イギリスの研究グループの調査では、舌痛の患者さんの40%にビタミンB群の不足があり、ビタミン剤を1〜3ヶ月投与したところ86%に有効となりました。

舌痛の治療にビタミン剤は少しずつ使用されてきていますが、その効果を否定する意見もあります。



亜鉛  歯科、耳鼻咽喉科、心療内科、内科
亜鉛が不足すると味覚を感じにくくなったり、皮膚や粘膜の傷の治りが悪くなったりします。舌痛の患者さんは味覚障害を併せもつことが多く、舌痛は亜鉛の不足によって発症するとも考えられています。亜鉛の服用により、症状が改善されることがあります。

アエンダM 亜鉛製剤(アエンダM)  プロマック 亜鉛を含む薬(プロマック)

関連するページ  舌痛症と亜鉛欠乏症  味覚障害の治療(亜鉛製剤について)



星状神経節(せいじょうしんけいせつ)ブロック※5  ペインクリニック
難治性の舌痛症、舌の広範囲に痛みがある場合は、星状神経節ブロックがおこなわれることもあります。主にペインクリニックでおこなわれます。

数回〜20回ほど注射をおこなうことで、痛みのために緊張状態にあった神経がブロックにより抑えられ、これにより血管が拡張して血流が増加、舌の痛みが改善されると考えられています。

関西医科大学の研究グループがおこなった調査では、舌の痛み、不快感を主訴に来院した患者さんのうち、適応となる患者さんに星状神経節ブロックをおこなったところ、84%に有効でした。

一方で、奈良県立医科大学の研究グループがおこなった調査では、舌痛症の患者さんに星状神経節ブロックをおこなったところ、症状が改善されたのは21%にとどまり、効果は疑問としています。

※星状神経節ブロック(フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」より )
痛みの原因となる神経線維の末梢神経や交感神経節に対し、局所麻酔薬を浸透させることで、神経そのものの機能を一時的に麻痺させ、交感神経を抑制し痛みの伝達をブロックする。
星状神経節は首の付け根付近にあり、ここには頭・顔・首・腕・胸・心臓・気管支・肺などを支配している交感神経が集まっているため施術の応用範囲が広く、神経ブロック療法の中では最もポピュラーな方法と言える。




金属アレルギー治療  歯科
口の中の銀歯やさし歯などの歯科金属が原因となり、舌が痛むことがあります。セラミックスなどの材料に交換することで、舌の痛みが治ることがあります。ただし、症状が改善しないことが多いので、治療は慎重におこなう必要があります。

治療には多額の費用がかかることがあるため、最初におこなう治療としてはおすすめできません。これまでに「銀歯を150万円かけてセラミックスに代えたけど治らなかった」、「舌痛症の治療として、銀歯の歯を抜いてインプラントにしたが治らなかった」等の患者様が、当クリニックに来院されています。

関連するページ  歯科金属アレルギー



●カウンセリング 認知行動療法※7 心療内科、内科、歯科
カウンセリングや認知行動療法によって、舌痛症に対する心理的な不安を取り除いて治す方法もあります。

横浜市立大学の研究者がおこなった調査では、舌痛症と診断された患者さんにカウンセリング(精神療法)をおこなったところ、63%に効果がありました。治療期間は長く、1年以上に渡ることもあります。

カウンセリング カウンセリング



その他
生活リズムの乱れ、多忙、ストレスが舌の痛みの原因となることがあります。規則正しい、ゆとりのある生活を送ることも大切です。また、うつ病などの精神的な病気があるときは、病気の治療をおこなうことも大切です。

消炎作用のあるアズノールうがい液(アズレンスルホン酸ナトリウム)の使用が効果的であることもあります

異なった金属が口の中にあると、唾液が電解質となって電位差が発生し、電流が生じることがあります。これを「ガルバニー電流」といい、ごくまれに舌の痛みの原因となることがあります。

アズノールうがい液 アズノールうがい液

関連するページ  ガルバニー電流




※舌痛症の治療を目的として来院される患者様へ
診療時間を十分に確保して診させていただくため、お手数ですがご来院前に電話(電話番号:045−910−2277)にてご予約ください。



※1 佐藤田鶴子、北原和樹、長谷川功 舌痛症の診断を再考する 歯学92,46-52 2004 ※2 吉川達也、豊福明ほか 当科における平成20年度初診患者の臨床統計的検討 日本歯科心身医学会25(1)7-13  ※3 立花哲也、鈴木愛、高森基史、伊能智明、青木美穂子、千葉博茂 舌痛症患者に対するラフチジンの効果 日本歯科心身医学会雑誌17(1)21-25 ※4 Lamey PJ, Hammond A, Allam BF, McIntosh WB Vitamin status of patients with burning mouth syndrome and the response to replacement therapy. British Dental Journal160,81-84  ※5 名和照晃、稲村達哉、岸本麻子、松本あゆみ、井野素子、井野千代徳、山下敏夫 舌痛症とその治療 耳鼻と臨床42(3)223-227 ※6 岩田敏男、橋爪圭司、森匡世、古家仁、南了介 当科における舌痛症19症例の診療経験 -舌痛症に対する神経ブロックの効果- 慢性疼痛22(1)71−74 2003 ※7 海野智 舌痛症の精神療法 その治療効果と治療プロセスの検討 日本心療内科学会11(3)176-181



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  舌痛症(舌の痛み、違和感)


舌痛症の治療