身体症状症(身体表現性障害) 横浜・中川駅前歯科クリニック
身体症状症(身体表現性障害)

身体症状症とは

身体症状症とは自覚症状に見合う身体の異常や検査結果がないにも関わらず、痛みなどの症状が続く病気です。足腰に問題ないのに痛みで歩けない、声帯に問題はないのに声が出ない等の症状があります。

生涯有病率は男性0.2%、女性0.2~2%とされ、女性に多く、患者数の多い病気です。

検査をおこなっても異常が見られないため、多くの患者さんが身体症状症と診断されず、原因不明の症状として医療機関を転々とする傾向がみられます。

以前は「身体表現性障害」と分類されていましたが、2013年に改定された精神障害の分類(DSM-5、アメリカ精神医学会)により、「身体症状症および関連症候群」と分類が変わりました。心気症とよばれていた、問題はないのに重大な病気にだと思い込む症状も、身体症状症に含まれるようになりました。

身体症状症の治療では、抗うつ薬や抗不安薬の服用のほか、認知行動療法がおこなわれます。

病院

関連するページ  歯痛・顔面痛  口腔異常感症  口腔内セネストパチー



歯、口にあらわれる症状

身体症状症を発症すると、下記の症状があらわれることがあります。治療をすすめるにあたっては、カッコ内の病気等との鑑別が必要となります。


検査では問題はないものの、歯や歯肉の違和感、痛みが続く。(虫歯歯周病

検査では問題はないものの、あごの違和感、痛みが続く。(顎関節症

入れ歯を何度調整しても歯肉の痛みが続く。(入れ歯の不適合

入れ歯を何度作製しても合わない。(入れ歯の不適合)

かみ合わせを何度調整しても違和感が続く。(咬合違和感症候群

舌がヒリヒリする。(舌炎口腔カンジダ症

歯を抜いた部位がいつまでたっても痛い。(神経障害性疼痛

口内だけでなく、身体のあちこちが痛む。(線維筋痛症

診察



身体症状症と歯科

歯科医療機関では、歯、歯肉、舌などに問題がないか、異常がないかを診査、検査します。診査、検査で問題があれば歯科治療をおこなうほか、必要に応じて精神科、心療内科と連携しながら治療をおこなっていきます。

診察


当クリニックでは身体症状症(身体表現性障害)の方の歯科治療をおこなっています。歯とお口の健康、歯科治療について、ご不明な点、ご要望等がありましたら、お気軽にご相談ください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  糖尿病、腎臓病、認知症、がんなど全身のご病気をおもちの方の歯科治療