口腔異常感症 横浜・中川駅前歯科クリニック
口腔異常感症
口腔異常感症とは

見た目では異常はないものの、口の中がネバネバ(ベタベタ)する、舌がヒリヒリする、何も食べていないのに口の中が苦いなど、口の中の乾燥感、痛み、異常感などを訴える症状をいいます。50〜70歳代、女性に多い傾向があります。

症状に対しては、歯科では舌痛症、味覚障害、顎関節症、口腔乾燥症などの病名があります。このうち最も多いのが舌痛症、口腔乾燥症とされ、口腔内セネストパチー、咬合違和感症候群は難治性となります。

精神科、心療内科では、統合失調症、うつ病、身体症状症(身体表現性障害)、妄想性障害といった病気に該当することが多い傾向があります。

気になる…

関連するページ  統合失調症  うつ病  身体症状症(身体表現性障害)



口腔常感症の症状

当クリニックに来院されている患者様では、「口の中がネバネバ(ベタベタ)する」という訴えが最も多い症状となっています。「唾液が多くて気持ちが悪い」との訴えは、若い人に多い傾向にあります。主な症状としては下記があります。


1)異物感、付着感 類似した病気:口腔内セネストパチー
最も患者さんが多く、口内に異物がある、歯や歯肉に何かがくっついていると感じます。ベトベトしたもの、ザラザラしたもの、釘、ワイヤー、歯の間につまっている等の症状があります。


2)滲出感、湧出感 類似した病気:口腔乾燥症唾液分泌過多症口腔内セネストパチー
異物感、付着感に次いで多く、唾液、泡、粘液、砂のようなものが歯、歯と歯の間、歯肉からじわじわ出る、次々に出る、湧き出す等の症状があります。


3)牽引感、締め付け感 類似した病気:歯周病口腔内セネストパチー
歯がしめつけられる、唇が引っ張られる、歯が浮く等の症状があります。


4)動き感 類似した病気:口腔内セネストパチー
歯、唇、あごが勝手に動くと感じる、歯肉の中で虫が動いている、何かが流れる、めぐっている等の症状があります。


5)不適合感 類似した病気:顎関節症咬合違和感症候群口腔内セネストパチー
かみ合わせや歯の適合感が悪い、歯やあごがずれている、歯が大きすぎる等の症状があります。


6)痛み 類似した病気:舌痛症口腔灼熱症候群神経障害性疼痛口腔内セネストパチー
歯や口内の粘膜が痛み、刺される、裂ける、ヒリヒリする等の症状があります。


7)温度、味覚の変化 類似した病気:味覚障害口腔カンジダ症口腔内セネストパチー
口内が熱い、温かい、冷たい、スースーするなどの温度、苦い、甘い、酸っぱいなど味覚の変化があります。

関連するページ  唾液の働き  唾液の分泌



口腔異常感症の診療科

口腔異常感症(歯科病名がつく場合を除く)は、医療従事者に症状を訴えても理解されず、「問題ありません」、「異常はありません」と言われることが多くあります。そのため、症状を理解してもらえる医療機関を探して、あちこちの医療機関を転々とする人が多い傾向にあります。

また、周囲の人に症状を話すことができず、一人で悩まれている人も多いようです。治療は一部の歯科、口腔外科、精神科、心療内科でおこなわれています。



口腔異常感症の治療

患者さんの訴えが「口腔異常感症」でないかを診査します。口腔異常感症であればカウンセリング、認知行動療法のほか、薬物療法として抗精神薬、抗うつ薬、抗てんかん薬、漢方薬の服用などをおこないます。

治療によって症状が改善することがあるものの、難治性で完治しないこともあります。この場合は症状と上手に付き合っていくことも大切となります。また、医療機関を転々とするのではなく、同じ医療機関に定期的に受診することで症状の悪化を防ぎます。

薬



※口腔異常感症の治療、ご相談を目的として来院される患者様へ
診療時間を十分に確保して診させていただくため、お手数ですがご来院前に電話(電話番号:
045-910-2277)にてご予約ください。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  舌痛症(舌の痛み、違和感)