成人スチル病とは

成人スチル病(成人スティル病)は1971年に初めて存在が明らかにされた新しい病気で、小児の「スチル病」に似た症状があらわれます。

発熱、皮膚の発疹、関節の痛みや腫れなど、全身に炎症がおきる病気です。夕方から早朝に発熱して日中は解熱することが多く、発熱に伴い全身のだるさ、疲れやすさ、食欲低下といった症状もあらわれます。

原因は不明ですが、細菌やウイルス感染も一因と考えられており、国内患者数は5000人ほど、20~40歳代に発症、女性がやや多い傾向にあります。



成人スチル病と歯科

成人スチル病の治療ではステロイド薬が長期間、中等量から大量に使用されるほか、免疫抑制剤が使用されることもあります。これらの薬の影響により、虫歯や歯周病になりやすい、抜歯の際に感染しやすいなどの影響があります。


1)顎関節症
成人スチル病の症状の一つとして関節の痛みや腫れがあり、4割の患者さんに口が開きにくい、口が開かない症状がみられたとの報告もあります。そのほか、あごが痛い、あごが腫れたなどの顎関節症状(がくかんせつしょう)の症状があらわれます。

治療では、口を開ける訓練(理学療法)、鎮痛薬の服用のほか、入院して外科手術がおこなわれることもあります。

痛み

関連するページ  顎関節症



2)虫歯 歯周病
虫歯になりやすく、歯周病が進行しやすいため、歯科医院での定期的な歯のクリーニング(PMTC)など、十分な予防処置が必要となります。

診察

関連するページ  歯科検診  歯のクリーニング(PMTC)  虫歯  歯周病



3)口腔カンジダ症 味覚障害
ステロイド薬や免疫抑制薬の影響により、口内にカビが繁殖する病気「口腔カンジダ症」を発症しやすくなります。

カンジダが繁殖すると、口の中がヒリヒリ痛む、食べ物を口にしたときに痛む(接触痛)、食べ物の味を感じにくい(味覚障害)などの症状があらわれることがあります。薬の使用により治療をおこないます。

関連するページ  口腔カンジダ症 原因 治療 Q&A  味覚障害



4)抜歯 歯周外科手術 インプラント手術
ステロイド薬の影響により、抜歯後や手術後に感染しやすくなるほか、傷の治りが悪くなる傾向があります。そのため、これらの治療をおこなうときは、十分な感染予防が必要となります。

インプラント手術

関連するページ  インプラント



5)顎骨壊死
ステロイド薬を長期間使用していると骨折のリスクが高まるため、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬を使用することがあります。骨粗鬆症の薬を使用しているときに抜歯などの出血を伴う治療をおこなったり、合わない入れ歯を使用していたり、口内が汚れていると、あごの骨が細菌に感染し、腐ってしまう病気「顎骨壊死(がっこつえし)」をおこすことがあります。

関連するページ  骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(ARONJ) Q&A


当クリニックでは成人スチル病の方の歯科治療をおこなっています。成人スチル病の方の歯とお口の健康、歯科治療について、ご不明な点等がありましたら、お気軽にご相談ください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  糖尿病、腎臓病、認知症、がんなど全身のご病気をおもちの方の歯科治療


成人スチル病
成人スチル病 横浜・中川駅前歯科クリニック