口唇閉鎖不全症(お口ポカン) 横浜・中川駅前歯科クリニック
口唇閉鎖不全症とは

日常的に口が開いている「お口ぽかん」の状態を、口唇閉鎖不全症(こうしんへいさふぜんしょう)といいます。

小児は見た目の悪さから保護者からの指摘で「お口ぽかん」の状態に気付くことがあるものの、大人は気付いていないことが多くあります。口唇閉鎖不全症の患者数はかなり多くいるとされ、全国の3〜12歳の小児3534人を対象におこなった大規模調査では、31%の小児に口唇閉鎖不全症が疑われました。

口唇閉鎖不全症は、食べる、話すなどの口の機能が十分に発達していない病気である「口腔機能発達不全症」の症状の一つとなっています。

お口ポカン お口ポカン

当クリニックでは口唇閉鎖不全症(お口ポカン)の検査、治療をおこなっています。お気軽にご相談ください。

関連するページ  舌圧測定  口腔機能発達不全症  口腔機能発達不全症 Q&



口唇閉鎖不全症の症状

口唇閉鎖不全症は口呼吸をしていることが多く、口呼吸は虫歯、歯周病、風邪、インフルエンザ、アレルギー、歯列不正、睡眠時無呼吸症候群など、様々な悪影響を及ぼします。成人の頭部顔面の6割が4歳までに、9割が12歳までに完成するとされるため、小児期の改善、治療が大切となります。


口唇閉鎖不全症の症状


1)口腔乾燥症、扁桃肥大
口が開いていると口内は乾燥し、口腔乾燥症(ドライマウス)を引きおこします。また、のども乾燥して、扁桃肥大をおこします。扁桃肥大は、アレルギーや睡眠時無呼吸症候群の原因となります。

関連するページ  ドライマウス(口腔乾燥症)


2)虫歯、歯周病
口内が乾燥すると唾液の抗菌の繁殖を抑える作用、食べかすを洗い流す作用が得られなくなります。その結果、細菌は繁殖、口内は汚れやすくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。

関連するページ  虫歯  歯周病


3)風邪、インフルエンザ
鼻呼吸は空気中の病原菌をろ過して、温かく湿った状態で肺に送ります。口呼吸は病原菌が直接肺に入れてしまうほか、冷たく乾燥した空気が肺に入るため、風邪を引いたり、インフルエンザに感染しやすくなります。

関連するページ  歯磨きでインフルエンザ予防


4)歯列不正
口呼吸では鼻呼吸では使用しない筋肉が使用されます。下あごや舌が後ろに引っ張られ(下顎後退、低舌位)、上あごの成長発育が悪くなることがあります。下顎後退、低舌位は、睡眠時無呼吸症候群の原因となります。

関連するページ  矯正歯科・歯並び  低位舌


5)いびき、睡眠時無呼吸症候群
口が開いたままで寝ると気道は狭くなり、いびきをかくやすくなったり、睡眠時無呼吸症候群を発症しやすくなります。睡眠時無呼吸症候群は糖尿病、高血圧、心臓病など、様々な病気との関連があります。また、睡眠の質を低下させ、日中の集中力の低下を招きます。

関連するページ  子供の睡眠時無呼吸症候群



●口唇閉鎖不全症の検査

日本小児歯科学会と歯科企業が共同開発した測定器を使用して、口を閉じる力を測定します。口を閉じる力が弱いときは、治療(トレーニング)によって口の閉じる力を向上させていきます。

検査 検査



口唇閉鎖不全症の治療

口唇閉鎖不全症の治療(トレーニング)は、歯科医院で指導を受けながら進めていきます。パタカラ、りっぷるとれーなーといった器具を使用したり、「あいうべ体操」などの機能訓練をおこなっていきます。

治療  機能訓練 りっぷるとれーなー

関連するページ  口腔筋機能療法器具“パタカラ”   保健教材ニュース・舌(あいうべ体操)



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  小児歯科


口唇閉鎖不全症(お口ポカン)