口腔機能発達不全症 横浜・中川駅前歯科クリニック
口腔機能発達不全症

口腔機能発達不全症とは

口腔機能発達不全症とは、15歳未満の小児で障害がないにも関わらず、食べる、話すなどの口の機能が十分に発達していない状態をいいます。

現代では、多くの小児が上手くかめない、飲み込めない、発音(構音)がおかしい、口呼吸、いびきなど、口の機能に何らかの問題をもっています。小児期の口の機能の問題は、生涯にわたって様々な悪影響を全身に及ぼします。

国はそのような現状を問題にして、2018年に口腔機能発達不全症という病名をつけ、歯科医師、歯科衛生士、管理栄養士らのもとで治療をおこなう方針を示しました。病名がつけられたのと同時に、治療が健康保険に組み込まれました(一部を除く)。

※当クリニックでは口腔機能発達不全症の検査、治療をおこなっています。お気軽にご相談ください。

関連するページ  口腔機能発達不全症 Q&A



口腔機能発達不全の問題点

口腔機能発達不全症は、患者数は非常に多いものの、本人や保護者も気付いていないことが多い傾向があります。

小児期に口の機能が発達しないと、かみ合わせや歯並びが悪くなるだけでなく、栄養摂取が不十分となったり、認知機能(記憶、思考、理解、学習、言語)が未発達になることがあります。

成人になってからも小児期の影響は続き、肥満、睡眠時無呼吸症候群、糖尿病の発症、高齢になってからのオーラルフレイル(口の機能低下)、誤嚥性肺炎、介護の要因となります。


口腔機能発達不全症

関連するページ  いびき・睡眠時無呼吸症候群  糖尿病  オーラルフレイル  誤嚥性肺炎



口腔機能発達不全症の検査

検査では、保護者からの聞き取りのほか、かみ合わせや呼吸の状態、歯並びやのどの形態、口を閉じる力や舌の力の測定をおこないます。

検査

関連するページ  口腔機能発達不全症 セルフチェック  舌圧測定



口腔機能発達不全症の症状と治療

2018年に口腔機能発達不全症の治療は健康保険適応になりました。治療は下記項目の改善を中心におこなわれます。


1)歯の萌出遅延  歯がなかなか生えてこない
歯が生えるのが乳歯で6ヶ月以上、永久歯で1年以上遅れているときは、口腔機能発達不全症となることがあるため、歯科医師と相談しながら、何らかの対応をとっていきます。

関連するページ  乳歯と永久歯


2)食の問題  食べる量にムラがある、偏食が強い、食が細い、食べる時間が長い
哺乳量や食べる量、回数にムラがある、偏食が強く同じものばかり食べている、食が細く体重が増えない、食べる時間が長いといったことがあると、口の機能は正常に発達しません。管理栄養士と相談しながら(栄養相談、栄養指導)、食事内容、方法の改善をおこなっていきます。

飲み込む機能(嚥下機能)、大きな虫歯、口の渇き(ドライマウス)が原因であれば、これらを改善、治していきます。

食事

関連するページ  食育・栄養  栄養指導  栄養指導 Q&A  摂食嚥下訓練


3)口呼吸(口唇閉鎖不全症)  いつも口がポカンと開いている
口呼吸は、かみ合わせや歯並びを悪くするだけでなく、大人になってからの睡眠時無呼吸症候群や糖尿病の原因にもなります。歯科医院や自宅でトレーニングをおこなうことにより、改善していきます。



関連するページ  口唇閉鎖不全症(お口ポカン)  保健教材ニュース・舌(あいうべ体操)


4)口腔習癖  指しゃぶりがやめられない
指しゃぶり、つめ咬みといった癖は、口周囲の筋肉に悪影響を及ぼします。病態は連鎖する傾向にあり、指しゃぶりが口呼吸、歯並びの悪化、発音障害、低舌位、いびき、睡眠時無呼吸症候群の発症へとつながっていくこともあります。早期に悪循環を断ち切ることが大切となります。

指しゃぶりは本人にとって癒しの効果もあるため、3〜5歳では心理面や生活リズムを整えることで、自然な形でやめさせていきます。永久歯が生えてきても癖が続いている場合は治らないことが多いため、本人に自覚してもらうほか、歯科医院にてトレーニングをおこなうことにより改善していきます。


主な口腔習癖(こうくうしゅうへき)
指しゃぶり/つめ咬み/舌を前に出す/唇を咬んだり吸う/飲み込むときに舌を前に出す/低舌位/おしゃぶりの常用/タオルしゃぶり/頬杖

指しゃぶり

関連するページ  低位舌


5)発音(構音)障害  言葉が上手く聞き取れない
発音障害があると決まった音が正しく発音できず、言いたいことが相手にうまく伝わらなかったり、周囲とのコミュニケーションに支障をきたします。

歯科医師、歯科衛生士、言語聴覚士のもとで発音の訓練をおこなうほか、舌小帯(ぜつしょうたい)は舌の裏側についているヒダで、このヒダが短いのが原因であれば(舌小帯短縮症)、切除することにより改善していきます。

会話

関連するページ  小児の発音障害  小児の発音障害の治療  舌小帯短縮症


6)いびき、睡眠時無呼吸症候群  いびきがひどい
鼻がつまっている、口で息をしているといった呼吸の問題、扁桃肥大により、いびき、睡眠時無呼吸症候群を発症します。小児のいびき、睡眠時無呼吸症候群は歯並びを悪くして、大人になってからの睡眠時無呼吸症候群の発症要因となるため、早期の改善が必要となります。

治療では鼻の治療、口のトレーニング、矯正治療(床矯正)、手術などをおこないます。

関連するページ  子供の睡眠時無呼吸症候群 Q&A  床矯正(しょうきょうせい)



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  小児歯科