●キシリトール

キシリトールとは、シラカバやカシなどの木や植物からつくられる甘味料です。栄養的には、「糖アルコール」と呼ばれる炭水化物の一種です。砂糖と同じくらいの甘味がありますが、キシリトールのカロリーは3kcal/gと、4kcal/gの砂糖と比べて少なめです。

白樺 シラカバ林(キシリトールはシラカバなどからつくられます)

関連するページ  キシリトール Q&A  キシリトールチョコレート(虫歯にならないおやつ)



●キシリトールの効果

キシリトールには次のような虫歯の予防効果があります。


(1)虫歯のもとになる歯垢(しこう)をつくりません。

(2)習慣的にキシリトールを食べていくことで、虫歯菌の活力が失われ、虫歯菌の数が減少 します。

(3)唾液の分泌を促進します。唾液は、虫歯の予防やお口の健康に非常に大きな役割を果たしています。


その他、母親がキシリトールガムをかむことによって、虫歯菌の母子感染予防にも効果があります。

キシリトールガム キシリトールガム

関連するページ  虫歯菌の母子感染



●キシリトールガムの上手な選び方

虫歯予防に効果的なキシリトールガムは、甘味料の少なくとも50%以上がキシリトールであることが望ましいとされています。

他にもいくつか条件がありますが、現在日本で発売されている多くの製品は、この条件を満たしています。

歯科医院で販売されているキシリトールガムは、虫歯予防を第一に考えられているため、キシリトール100%で、1粒あたりのキシリトールの量は市販のキシリトールガムの2倍となっています。市販のキシリトールガムは、味をよくするために、キシリトール以外の甘味料やミントなども混ぜています。

キシリトールガム キシリトール製品



●キシリトールガムの上手なかみ方

かむ回数
虫歯の予防のためには、1日回、毎食後にかむのが効果的です。虫歯になりやすい方や積極的に虫歯の予防をしたい方は、1回、毎食後や間食後、寝る前にかむことよいでしょう。一度にたくさん食べるよりも、1日に何度か分けて食べるほうが効果的です。


かむタイミング
歯垢を落としやすくするには歯みがき前が、歯の質を強くするなら歯みがき後が効果的です。また、唾液の分泌が減る寝る前にかむことも、虫歯予防には効果的です。
キシリトールガムは食品ですので、回数やタイミングはあまり気にせず、何かを食べたらかむというように、無理なくできる方法で習慣にするとよいでしょう。



かむ時間
キシリトールガムをかんで1〜2分たつと味はしなくなりますが、よくかんで唾液をたくさん出すことも、虫歯の予防には大切なことです。味がなくなっても、10分かみ続けるとよいでしょう。


かむ期間
キシリトールガムをかみ始めて、週間で歯垢(しこう)が減り始め、ヶ月ほどたつと虫歯になりにくくなるといわれています。
回かんだだけでは効果はありません。また、キシリトールガムをかむ習慣をやめてしまうと、しばらくして再び虫歯菌が増え始め、虫歯になる危険性も高くなってしまいます。歯の予防のためには、毎日食べることが大切です。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  小児歯科  予防歯科  食育  虫歯になりにくい砂糖



キシリトール
キシリトール 横浜・中川駅前歯科クリニック