虫歯菌の母子感染 横浜・中川駅前歯科クリニック
●虫歯菌が感染する時期※1、2、3

虫歯の原因である虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。虫歯菌は歯のような硬いところにしか住めないので、歯が生えていなければ生きていけないのです。

ところが、歯が生え始める生後6ヶ月頃から感染が始まります。特に生後19ヵ月(1歳7ヶ月)から31ヵ月(2歳7ヶ月)までの時期に最も感染し、定着します。この時期は「感染の窓」と呼ばれ、注意が必要とされています。


虫歯菌が感染する時期 感染の窓


乳歯の奥歯が生え始めると虫歯菌の感染率が高まります。奥歯が生え始めると感染率が高まるのは、(1)歯の本数の増加により虫歯菌の住み家が増えたこと、(2)砂糖の摂取する機会が増えてきたこと、(3)他の菌がまだ少ないことが原因と考えられています。


乳歯の本数と虫歯菌の累積感染率
乳歯の本数と虫歯菌の累積感染率


虫歯菌の感染の時期が早いほど、その後に虫歯ができやすい傾向にあります。2歳前に感染した子供のほうが、2歳以降に感染した子供よりも虫歯が多い傾向にあります。

スウェーデン・イエテボリ大学(世界で最も有名な歯科大学の一つ)での研究では、2歳までに虫歯菌の感染がなかった子供が4歳になったときの虫歯の本数はわずか0.3本でした。
一方で、2歳までに虫歯菌の感染があった子供が4歳になったときには、虫歯の本数は5本もありました。虫歯の本数に16倍もの差ができました。


2歳での虫歯菌の感染の有無によるその後の虫歯の本数
2歳での虫歯菌の感染の有無とその後の虫歯の本数

関連するページ
妊娠中にかかりやすい口の中の病気
  歯周病と妊娠  乳歯と永久歯  横浜市妊婦歯科健康診査



●虫歯菌の感染源※2、4

虫歯菌(ミュータンス菌)は、主に母親の唾液中の虫歯菌が食事中のスプーンの共有などによって子供に感染します。

母親からの感染が多いため、「母子感染」といいます。母親の口の中の虫歯菌が多いほど、子供は虫歯菌に感染しやすくなります。そして虫歯にもなりやすくなります。

アメリカ・ロチェスター大学(ノーベル賞受賞者・小柴昌俊博士の出身大学)での研究では、口の中の虫歯菌が少ない母親(10CFU/ml以下)の母子感染率が6%だったのに対し、口の中の虫歯菌が多い母親(10CFU/ml以上)の母子感染率は58%となりました。感染率は9.6倍もの差となりました。


虫歯菌の母親から子供への感染
虫菌の母親から子供への感染
※CFU/ml(シーエフユー・パー・ミリリットル)
1mlあたりの細菌数。1mlから1000個の細菌集落(CFU、Colony Forming Unit、集落形成単位)がみられたときは「10CFU/ml」と表示します。



虫歯菌は主に母親から感染しますが、近年のDNA解析技術の進歩により感染経路がより明らかになってきました。母親以外にも父親、保育所内での感染も報告されており、子供の育つ環境によって左右されることも明らかにされつつあります。

広島大学が36名の子供に対しておこなった研究では、子供から検出された菌のうち母親由来が51.4%、父親由来が31.4%、その他が18.6%という結果となりました。



●虫歯菌の感染予防※5

乳歯が生えてくる時期で特に感染の危険が高まるのが、生後19ヵ月(1歳7ヶ月)から31ヵ月(2歳7ヶ月)までの「感染の窓」と呼ばれる時期です。この時期は最も注意が必要とされています。

この時期に家庭や歯科医院でしっかり感染予防ができれば、その後は虫歯になりにくくなります。

スウェーデン・イエテボリ大学での研究では、口の中に虫歯菌が大量にある母親(10CFU/ml以上)でも、歯科医院での虫歯治療、歯のクリーニング(PMTC)、フッ素塗布などの適切な処置をおこなうと、子供の虫歯菌の感染率が大幅に下がり、虫歯の有病者率も大幅に下がりました。


母親の予防処置の有無による子供の虫歯菌感染率、虫歯の保有率
母親の予防処置の有無による子供の虫歯菌感染率、虫歯の保有率

関連するページ  歯のクリーニング(PMTC)  歯のクリーニング(PMTC)の効果



●主な感染予防方法

子供への虫歯菌の感染を防ぐには、次のような方法があります。下記は多くの研究報告で示されている予防方法をまとめたものです。


1)子供が生まれる前
母親はもちろんのこと、父親や同居する家族の虫歯や歯周病の治療、歯のクリーニング(PMTC)などの予防処置をおこない、口の中の細菌を減らします。

マタニティ


2)生後1歳前の離乳期
虫歯菌は唾液を介してうつるため、食べ物の口移しやかみ与えをしないようにします。また、スプーンなどの食器を大人と共有しないようにします。
哺乳瓶は虫歯菌が好きな砂糖の入った飲み物(ジュース、スポーツドリンク、乳酸菌飲料など)を入れて飲ませないようにします。

母子

関連するページ  スポーツドリンクと経口補水液


3)1〜3歳
食事や間食に砂糖の多く含んだ食品は摂取しない生活を送ります。また毎日の歯みがき、歯科医院でのフッ素塗布などの予防処置をおこなうようにします。



それでも心配でしたら…

キシリトールガム※6
フィンランドでは出産3ヶ月後から2年まで、母親が1日2〜3回キシリトールガムをかむことにより、2歳児時点での母子感染率の低下に効果をあげています。日本でも岡山大学の研究者が同様の研究報告をおこなっています。キシリトールガムをかむ習慣をつけるのも一つの方法です。

キシリトールガム

関連するページ  キシリトール  キシリトール Q&A  キシリトールチョコレート


3DS
3DS(スリーディーエス)は、虫歯菌の母子感染を予防する治療です。

関連するページ  新しい虫歯予防法 3DS  3DS Q&A  3DS(紹介記事)



※ご注意していただきたいこと
虫歯菌の母子感染は、子供の虫歯のなりやすさを決める一つの要素ではありますが、虫歯のなりやすさは糖質(砂糖など)の摂取頻度、歯磨き、歯科医院での予防処置(フッ素塗布など)の頻度などによっても左右されます。


※1 Caufield PW, Cutter GR, Dasanayake AP: Initial acquisition of mutans streptococci by infants:evidence for a discrete window of infectivity. J Dent Res, 72:37-45.  ※2 Kozai K, Nakayama R, Tedjosasongko U, Kuwahara S, Suzuki J, Okada M, Nagasaka N. :Intrafamilial distribution of mutans streptococci in Japanese families and possibility of father-to-child transmission.Microbiology and immunology,43.99-106   ※3 Kohler B, Andreen I, Jonsson B: The earlier the colonization by mutans streptococci, the higher the caries prevalence at 4 years of age. Oral Microbiol Immunol, 3:14-7   ※4 Berkowitz RJ, Turner J, Green P: Maternal salivary levels of Streptococcus mutans and primary oral infection of infants. Arch Oral Biol,26:147-9   ※5 Kohler B, Bratthall D, Krasse B: Preventive measures in mothers influence the establishment of the bacterium Streptococcus mutans in their infants. Arch Oral Biol,28:225-23,   ※6 仲井雪絵、下野勉ほか、妊娠期からのキシリトール摂取が齲蝕原性菌の母子伝播および齲蝕発症に及ぼす影響 -第4報 母親の口腔内MS菌数の推移- 日本小児歯科学会誌, 46(2) : 218



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  予防歯科  マタニティ歯科


虫歯菌の母子感染