ルシトーンFRS(ノンクラスプデンチャー) 横浜・中川駅前歯科クリニック

ルシトーンFRS(エフアールエス)とは

ルシトーンFRSはノンクラスプデンチャーの一つで、金属製のバネを使用しない入れ歯です。金属製のバネを使用しないため、目立たず審美性に優れています。また、入れ歯を薄くできるため、軽くて違和感が少ない特徴があります。

ルシトーンFRSは世界最大手の歯科企業である「デンツプライ」により開発されました。アメリカでは1999年に使用が始まり、日本では2009年に厚生労働省に認可されました。当クリニックでは日本で認可されるのと同時に、いち早く治療を始めさせていただきました。


ノンクラスプデンチャー・ルシトーンFRS ノンクラスプデンチャー・ルシトーンFRS

関連するページ
ノンクラスプデンチャー(ノンメタルクラスプデンチャー)  ノンクラスプデンチャー Q&A




ルシトーンFRSの特徴

他のノンクラスプデンチャーと比較して、下記の特徴があります。


高い実績
多くのノンクラスプデンチャーは2000年代に入ってから使用が始まりましたが、ルシトーンFRSは開発されてから20年以上の歴史があり、日本だけでなくアメリカ、ヨーロッパなど多くの国で使用されてきました。

関連するページ  ノンクラスプデンチャーの比較


柔らかい、装着感に優れる、壊れにくい
エステショットに使用されている材料「ポリエステル樹脂」、ジェットカーボ義歯などに使用されている材料「ポリカーボネート樹脂」に比べると、ルシトーンFRSに使用されている材料「ポリアミド樹脂(ナイロン)」は、柔らかい特徴をもちます。

柔らかいため、痛みが出にくく、装着感に優れます。落としたり踏みつけても壊れにくい、割れにくいといった特徴もあります。柔らかいものの、同じポリアミド樹脂を使用したスマイルデンチャー、バルプラストよりは、少し硬めの樹脂でできています。また、適合精度にも優れます。

手で曲げても折れません(ルシトーンFRS) 手で曲げても折れません

関連するページ
ノンクラスプデンチャーの種類  エステショット  スマイルデンチャー  バルプラスト



透明のバネ
透明のバネを使用することもできます。金属製のバネではないため、見た目に優れ、人に気付かれることもありません。

ルシトーンFRS 透明のバネ 透明のバネなので目立ちません



ルシトーンFRSの治療例

ルシトーンFRSは1本だけの小さな入れ歯から、10本以上の大きな入れ歯まで、様々なケースに使用できます。


右上に健康保険の入れ歯を使用。金属製のバネがキラリと光ります。金属バネが目立ちます ルシトーンFRSを装着。見た目もきれいになりました。ルシトーンFRSを装着



ルシトーンFRSの費用

ルシトーンFRSの費用は10万円(税込)となります。

関連するページ  ノンクラスプデンチャーの費用


わかさ2010年7月号 記事1 記事2
中高年を主な読者層とする健康雑誌「わかさ」(発行部数22万部)に、ルシトーンFRS(ノンクラスプデンチャー)による治療をおこなっている歯科医院として、当クリニックが掲載されました(ノンクラスプデンチャー(紹介記事) )。




※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  ノンクラスプデンチャー


ルシトーンFRS