睡眠時無呼吸症候群の外科手術 横浜・中川駅前歯科クリニック
睡眠時無呼吸症候群の外科手術

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療の一つに外科手術があります。外科手術は、扁桃肥大、口蓋垂が長いときなどに適応となります。



●口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)
 
耳鼻咽喉科(入院が必要)

1978年に日本人の藤田史郎先生によって始められた、睡眠時無呼吸症候群の代表的な手術です。

口蓋垂を含めた軟口蓋を切除します。次に口側と鼻側の粘膜を縫い合わせ、突っ張るような緊張状態をつくります。これにより、空気の通り道が確保できます。扁桃肥大があり、軟口蓋が長い人に有効な方法です。

無呼吸や低呼吸の回数が50%以上減少するケースは、50%前後となっています
。改善したものの、2〜3年で無呼吸が再発することもあります。

そのため、欧米では睡眠時無呼吸症候群の治療の第1選択とはならず、CPAPによる治療が主流となっています。日本でも1998年にCPAPによる治療が、2004年にスリープスプリントが健康保険適応になったため、現在ではこれらの治療法が多用されています。


適応症  ※下記項目全てに当てはまると、適応になる可能性が高いといえます。
睡眠時無呼吸症候群/扁桃肥大/肥満ではない/あごが小さくない/重症の睡眠時無呼吸症候群ではない(AHI50以下)/若い(45歳以下)

睡眠時無呼吸症候群の外科手術 手術前(左)と手術後(右)

関連するページ
CPAPについて  スリープスプリント  睡眠時無呼吸症候群の治療効果  AHIとは



※扁桃(へんとう)とは
以前は扁桃腺といいましたが、現在は「扁桃」といいます。口を大きく開けてのどの中をみると、口蓋垂の両側にあるのが一般にいわれる扁桃、正しくは口蓋扁桃です。扁桃には、他にものどの一番上にある咽頭扁桃(アデノイド)などがあります。


扁桃腺 扁桃



オトガイ舌骨前方牽引術(GA) 口腔外科、耳鼻咽喉科(入院が必要)

オトガイ舌骨前方牽引術(オトガイ‐舌筋/舌骨筋群前方牽引術)は、1984年にスタンフォード大学(アメリカ)の医師によって始められました。舌の根元からのどにかけての部位が狭いときにおこなわれ、睡眠時無呼吸症候群の患者さんに対してもおこなわれます。

舌の筋肉を前に引っ張ることで気道を広げる手術で、口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP)と併用することで効果はさらに高くなります。併用での無呼吸、低呼吸の減少率は70%程度とされています。口蓋垂軟口蓋咽頭形成術と同様に、全身麻酔での手術となり、入院が必要となります。



●いびきのレーザー手術(LAUP)
 美容外科、耳鼻咽喉科

いびきのレーザー手術(レーザー口蓋垂軟口蓋形成術)は1993年に始められ、レーザーで口蓋垂の下半分を切り取ることにより、いびきを改善する手術です。UPPPよりも切除する部分は少なく、手術後の痛みは少なく、出血はほとんどありません。手術に伴う入院の必要なく、20〜30分で終わります。健康保険適応外で、治療費は3〜20万円ほどです。

治療効果に否定的な意見が多くあり、短期では症状が改善することはあっても、長期的には症状をかえって悪化させてしまうことがあります。

アメリカ睡眠医学会(American Academy of Sleep Medicine)では、睡眠時無呼吸症候群を含む睡眠呼吸障害の治療にLAUPを用いるべきでないとの勧告をおこなっています。

日本でも日本睡眠学会、日本呼吸器学会、日本口腔・咽頭学会など、関係する5つの学会が共同で作成した「睡眠時無呼吸症候群の診断と治療のガイドライン」で、「手術前後のデータが不十分、睡眠時無呼吸症候群への適応は慎重に判断する必要がある」としています。

いびきのレーザー手術 黄色の部分をレーザーを利用して切除します



●ラジオ波(高周波)による治療
(ラジオ波電気凝固治療) 耳鼻咽喉科

ラジオ波治療器(ソムノプラスティー、コブレーション、セロンなど)利用して、鼻の粘膜をラジオ波で蒸散し、鼻のとおりをよくすることで、症状を改善させます。1998年に始められ、電気メスやレーザーが750〜900℃で熱してしまうのに対し、ラジオ波は60〜90℃という低温で治療をおこなうことができます。

日帰りの10分程度の痛みの少ない簡単な手術ですが、欠点として1〜2年で症状が元に戻ってしまうことがること、適応症例が限られることが挙げられます。



●アデノイド・扁桃摘出術 耳鼻咽喉科(入院が必要)

小児の睡眠時無呼吸症候群の大半はアデノイド、口蓋扁桃(扁桃腺)肥大が原因です。そのため、小児に対してはアデノイド・扁桃摘出術が非常に有効です。成人でも中等度以上の口蓋扁桃肥大で有効なことがあります。

関連するページ
子供の睡眠時無呼吸症候群  小児のアデノイド・扁桃摘出術  小児の無呼吸 Q&A



●鼻中隔矯正手術、粘膜下下鼻甲介切除術 耳鼻咽喉科

鼻中隔(びちゅうかく)とは、鼻を左右に分ける壁のことです。この壁が曲がっていると鼻呼吸ができなくなり、口呼吸やいびきの原因となります。下鼻甲介(かびこうかい)は鼻の中にある突起物ですが、鼻炎の原因となることがあります。

曲がった鼻中隔を整えたり、下鼻甲介を切除することにより、睡眠時無呼吸症候群の症状が改善されることがあります。九州の医科大学が鼻中隔矯正手術、粘膜下下鼻甲介切除術をおこなった患者さんを調査したところ、AHI(1時間あたりの無呼吸・低呼吸の回数)は27.6回から20.7回に、25%程度減ったとのことです。

CPAPやマウスピースがうまくつけられない原因が鼻であることは多くあります。最初に鼻中隔矯正手術、粘膜下下鼻甲介切除手術をおこない、鼻の通気をよくしてから、CPAPやスリープスプリントによる治療をおこなうこともあります。補助的な治療としておこなわれます。

関連するページ  AHIとは



●その他

気管切開、舌の一部を切除する方法(舌縮小術)などがあります。気管切開は、CPAPが登場するまでは、重度の睡眠時無呼吸症候群の唯一の確実な方法でしたが、現在では緊急時以外はおこなわれなくなりました。

最近ではあごを大きくする手術(上下顎骨前方移動術、骨延長術など)が一部の医療機関でおこなわれています。

関連するページ  睡眠時無呼吸症候群の新しい治療



睡眠時無呼吸症候群の外科手術は耳鼻咽喉科、口腔外科などでおこなっています。当クリニックではおこなっていません。受診する医療機関がお分かりにならない場合は、症状を診させていただいた後に、医療機関をご紹介させていただくことも可能です。


※いびき治療の受診をご希望の方は、お手数ですが事前にご予約ください。

※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  いびき・睡眠時無呼吸症候群