インプラント手術による重大なトラブル

インプラント学会がおこなった調査によると、インプラント手術後の重大なトラブルの39%は上顎洞(副鼻腔)の炎症とインプラントが上顎洞内に入ってしまうものでした。次いで多かったのが神経損傷で30%を占めました。

上顎洞のトラブルのほとんどが症状改善したのに対し、神経損傷は56%が症状改善せず、部位は全て下あごの奥歯のインプラント手術で、損傷した神経は下歯槽神経、オトガイ神経、舌神経の順に多くみられました。

痛み

関連するページ  三叉神経損傷  インプラント手術後の痛みの原因



インプラント手術による神経損傷の原因

原因の65%は、ドリルで骨を削ったときに神経に近づき過ぎたり、当たったり、神経を圧迫してしまったことが原因となっています。次いでインプラントが神経に近づき過ぎたり、当たったり、神経を圧迫してしまったことが原因となっており、9%を占めていました。

ドリル



インプラント手術による神経損傷の症状

インプラント手術で神経損傷がおきると、損傷を受けた部位の感覚が鈍くなったり、感覚が全くなくなります。逆にしびれ、ビリビリした痛みが生じたり、少しあごを触っただけで痛みが生じるなど、神経障害性疼痛(三叉神経ニューロパチー)という症状があらわれることもあります。

関連するページ  神経障害性疼痛  歯科治療後の神経障害性疼痛  神経障害性疼痛 Q&A



インプラント手術による神経損傷の検査、治療

三叉神経損傷、神経障害性疼痛(三叉神経ニューロパチー)に基づいた検査、治療がおこなわれます。治療には長い期間がかかることが多く、症状が改善しないことも多い傾向があります。

関連するページ  精密触覚検査



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  歯痛・顔面痛


インプラント手術による神経損傷
インプラント手術による神経損傷 横浜・中川駅前歯科クリニック