舌咽神経痛 横浜・中川駅前歯科クリニック
舌咽神経痛

舌咽神経とは

頭と顔の感覚は、脳から直接でている左右12対の神経(脳神経)がつかさどっています。舌咽(ぜついん)神経は脳神経の一つで、舌やのどの感覚、唾液の分泌、味覚に関与しています。

神経分布 舌咽神経

関連するページ  非歯原性歯痛(歯が原因ではない歯痛)  歯痛 Q&A



舌咽神経痛とは

舌咽神経痛は舌咽神経の障害によっておきる神経痛をいいます。性別では女性、年齢では50歳以上に多く、発症率は10万人あたり0.2〜0.7人程度と推定されており、比較的まれな病気です。三叉神経痛と同様の症状があり、1%の人は三叉神経痛と舌咽神経痛を合併するとされています。

鋭く強烈で、瞬間的な痛みがあります。発症初期は食事のときや飲み込むときに痛みが生じますが、片側のみの痛みのため、歯やあごの痛みと感じやすく、歯科に受診する人が多い傾向にあります。


痛み 歯やあごが痛むことがあります

関連するページ  三叉神経痛



●舌咽神経痛の特徴

1)診断
あごを動かすと舌やのどが引っ張られ、痛みが出ます。そのため、大きく口を開けると痛み、ひどくなると痛みのために会話も困難になります。また、食べ物の刺激、飲み込むときの刺激によって痛みが出ることが多いため、食事がしにくくなります。

比較的まれな病気であること、痛みは顔の奥深くでおきるため分かりにくいこと、患者さん自身も歯の痛みと思いこんでいることが多いことから、病名が分からず診断がつきにくい傾向にあります。耳周辺が痛むことがあり、この場合は三叉神経痛との鑑別が困難になることがあります。


2)痛みの特徴
三叉神経痛と同じく、1回の痛みは短時間(数秒)で発作的、電撃的で、針で刺したような痛みがあります。



舌咽神経痛の原因

舌咽神経痛の原因は、主に加齢によって硬くなった血管が、舌咽神経を圧迫するためにおきると考えられています。三叉神経痛の原因と同じと考えられています。



●舌咽神経痛の治療

舌咽神経痛の治療は、抗けいれん剤であるカバマゼピン(商品名:テグレトールほか)による治療がおこなわれます。カルバマゼピンの服用は診断的な意味からも有効で、薬の服用によって効果があれば、舌咽神経痛か三叉神経痛のどちらかである可能性が高いといえます。

薬の服用で十分な効果が得られない場合は、手術がおこなわれます。手術では、舌咽神経を圧迫している血管を離し、血管が神経に接触しないようにします。三叉神経痛の手術に比べると難しく、手術後の経過はやや悪い傾向にあります。舌咽神経を切断する手術がおこなわれることもあります。

高齢で手術ができない人などに対しては、放射線治療(ガンマナイフ)がおこなわれます。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  歯痛・顔面痛