朝食をとらない
朝食を摂らないと午前中は空腹の状態となり、口臭が強くなります。朝食は口内の機能を整え、口臭を防ぐ効果があります。

朝食をとるのであれば、洋食よりも和食の方が、かむ回数が多いので口臭の予防効果があります。洋食であれば、一例としてグラノーラが栄養価が高く、かむ回数が多く、簡単に摂取できるのでオススメです。



関連するページ  口臭が強くなる時間  朝食を食べる工夫  子供の朝食



水分補給の不足
唾液には、食べかすを洗い流す効果、細菌の繁殖を抑える作用があります。水分摂取が少なくなると、唾液の分泌量が減り、口の中が渇き、口臭が発生しやすくなります。

水分補給としては、コーヒー、緑茶などのカフェイン飲料、ビールなどのアルール飲料は利尿作用があるため、可能であれば避けた方がよいでしょう。コーヒーやアルコール飲料は、注意をしないと口臭の原因になります。水や麦茶、カフェインの入っていない飲料がオススメです。

水分補給

関連するページ  唾液の働き  口臭の原因になる食べ物



よく咬まない、早食いが多い
唾液はよく咬んでいくことで分泌されます。めん類、ハンバーグなど、咬む回数の少ない食事が多かったり、早食いであったりすると、唾液の分泌量が減り、食べかすが口の中に残ったり、細菌が繁殖して、強い口臭の原因になります。

咬む回数の多い食事を取り入れていくほか、食事はしっかり咬んでとるようにします。

いただきます

関連するページ  かむ回数が増える食事をしましょう!



いつも口が開いている
鼻がつまっていたり、「お口ポカン」の習慣があると、口の中が乾燥して、口臭が強くなります。口呼吸の習慣があるときは、耳鼻咽喉科で鼻炎の治療を受ける、あいうべ体操やパタカラなどで口周辺の筋肉をきたえるなどして、鼻呼吸の習慣をつけていきましょう。

関連するページ  保健教材ニュース・舌(あいうべ体操)  パタカラ(口呼吸改善器具)



不規則な生活
夜更かしが多かったり、不規則な生活リズムが続くと、自律神経が乱れます。唾液は自律神経によってコントロールされているため、自律神経の乱れは唾液の分泌量の減少につながり、口臭が強くなります。規則正しい生活を送ることが大切です。

夜



ストレスが多い
ストレスが多い生活習慣は、自律神経が乱れて口臭が強くなります。ストレスをためずに、リラックスした生活を心がけていきましょう。

痛み

関連するページ  ストレス性ドライマウス



疲れがたまっている
疲れがたまると、免疫力が低下して口の中の機能も低下します。その結果、唾液が減少したり、口の中が汚れたり、カビが繁殖(口腔カンジダ症)して、口臭が強くなります。十分な休養、睡眠をとるようにします。

疲れ

関連するページ  口腔カンジダ症と口臭



口臭が気になるので口を閉じている
口臭が気になると、人と話すのが憂うつになり、黙ってしまうことがあります。口を動かさず、口を閉じている時間が長いと、唾液の分泌量が減り、細菌が繁殖しやすい状態になります。

口臭を閉じている時間が長いと、会話を再開したときに、口臭がかえって強くなってしまいます。口臭が気になっても、口臭をなるべく気にせず、楽しく会話をするようにしましょう。

スマートフォンやパソコンで作業を続けているときも、長時間にわたって口を動かさず、口を閉じているため、同様の傾向がみられます。

スマートフォン



口臭の予防方法、改善方法についてご不明な点がありましたら、些細なことでも構いませんので、ご来院の際にお気軽にお問い合わせください。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近の隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  口臭


口臭が強くなる生活習慣
口臭が強くなる生活習慣 横浜・中川駅前歯科クリニック