口腔扁平苔癬と口腔がん

口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)は、WHO(世界保健機関)の分類で「前がん状態」に位置づけられています。

前がん状態とは、がんになる可能性が高い状態をいいます。前がん状態のときに、喫煙、飲酒、口の中の汚れなどの刺激が加わり続けると、がんになることがあるとされています。

そのため、自覚症状がなく口腔扁平苔癬の治療をおこなわない場合でも、定期的な受診をおこない、経過観察をしていく必要があります。

 歯肉にできた口腔扁平苔癬(本来赤い粘膜が白くなっている部分)

関連するページ  口腔扁平苔癬  口腔扁平苔癬の治療  口腔扁平苔癬 Q&A



口腔がんの発症率※1−6etc.

口腔扁平苔癬と口腔がんに関しては、世界各地で研究がされています。口腔扁平苔癬ががんになる割合は0.5〜2%程度と考えられていますが、がんとは無関係とする意見もあります。がんの発生部位では頬の粘膜と舌が圧倒的に多く、次いで口唇、歯肉に多くみられます。

再発を繰り返す粘膜がただれた口腔扁平苔癬(びらん型)は、がんになりやすいとされています。治療によって少なくとも網状の模様の口腔扁平苔癬(網状型)に変え、がんになるリスクを下げるべきとの意見もあります。また、C型肝炎の患者さんはがん化する率は高いとの研究報告もあります。

口腔扁平苔癬の発症からがんになるまでの期間は、短いもので1ヶ月後、長いもので21年後との報告例がありますが、多くは数年となっています。


口腔扁平苔癬のがん化に関する主な研究報告
発表年 研究者 対象者 悪性転化例 観察期間※7
1999 ニューカッスル大学(イギリス) 832人 0.8% 11年
2002 シンシナティ市の皮膚科医(米国) 723人 0.8% 4.5年
2004 トリノ大学(イタリア) 402人 2.2% 4.9年 
2005 マルメ大学(スウェーデン) 724人 0.5% 15年
2006 ロンドン大学(イギリス) 690人 1.9% 7年
2010 ムルシア大学(スペイン) 550人 0.9%  3-19年
2012 上海交通大学(中国) 518人 0.9% 半年-21年
2013  マシュハド大学(イラン) 480人  0.07%
キャロルダビラ大学(ルーマニア) 663人 0.9%
2014 ザグレブ大学(クロアチア) 563人 0.7%  2-8年
東京医科歯科大学(日本) 416人 0.4% 4-13年

舌癌 口腔扁平苔癬は「がん」になる可能性がありますが、否定する意見もあります

関連するページ  口腔がん検診  舌がん



●口腔扁平苔癬が癌化する要因

口の中は細菌、飲食物(辛いものなど)、タバコ、歯、つめ物や入れ歯など、常に刺激を受けやすい環境にあります。特にただれた口腔扁平苔癬(びらん型)は、より刺激を受けやすい状況にあります。こうした刺激が口腔扁平苔癬が癌化する要因と考えられています。

毎日の歯ブラシをしっかりおこない、虫歯の治療をおこない、定期的に歯科医院で歯の清掃(クリーニング、PMTC)をおこなうなどして、刺激が加わらないようにしていきます。

検診 歯のクリーニングを定期的におこない、粘膜に刺激が加わらないようにします

関連するページ  歯のクリーニング  クリーニング Q&A  歯のクリーニングの効果



当クリニックで口腔扁平苔癬の治療やご相談をご希望の方は、お手数ですが事前にご予約ください(電話番号:045−910−2277)。ご予約の際は、金属アレルギー治療希望とお伝えください。


※1 Rajentheran R、McLean NR Malignant transformation of oral lichen planus. Eur J Surg Oncol.25(5):520-3.  ※2 Drore Eisen The clinical features, malignant potential, and systemic associations of oral lichen planus: a study of 723 patients. J Am Acad Dermatol.46(2):207-14.  ※3 Gandolfo S、Richiardi L、Carrozzo M Risk of oral squamous cell carcinoma in 402 patients with oral lichen planus: a follow-up study in an Italian population. Oral Oncol. 40(1):77-83.  ※4 Larsson A、Warfvinge G. Oral lichenoid contact reactions may occasionally transform into malignancy. Eur J Cancer Prev14(6):525-9.  ※5Ingafou M、Leao JC、Porter SR、Scully C. Oral lichen planus: a retrospective study of 690 British patients. Oral Dis.12(5):463-8.  ※6 Kanako Matsumoto、Fumihiko Tsushima Oral lichen planus: a retrospective study of 416 Japanese patients Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology117(5)537-656  ※7 観察期間はおおよその期間です。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  歯科金属アレルギー  扁平苔癬


口腔扁平苔癬と口腔がん

口腔扁平苔癬と口腔がん 横浜・中川駅前歯科クリニック