がん治療後の歯科治療 Q&A

Q.がん治療後に歯科治療はできますか?

A.
ご病気の状態にもよりますが、多くの歯科治療はできます。

当クリニックは、国立がん研究センター連携歯科医院、横浜市周術期連携歯科医院に認定されています。



Q.どこの歯科医院でも治療できますか?

A.
国立がん研究センターと連携している歯科医院などでおこなっています。

関連するページ  国立がん研究センターとの医療連携について



Q.放射線治療でドライマウス(口腔乾燥症)になりました。治りますか?

A.
顔から首にかけての部位に放射線治療をおこなうと、唾液が出なくなることがあります。唾液腺の機能は治療後1〜2年で多少回復しますが、十分でないことがほとんどです。

関連するページ  ドライマウス  放射線障害性ドライマウス



Q.ドライマウスになると、どのような問題がおきますか?

A.
ドライマウスになると口の中が汚れ、虫歯が多発したり、口内炎ができやすくなります。また、夜中に口の中が渇いて何度も目を覚ます、食事がしづらい、食べ物の味がしない、口の中がヒリヒリする等の症状がみられます。

放射線治療に伴うドライマウスにより発症した虫歯 放射線治療に伴うドライマウスにより発症した虫歯



Q.ドライマウスの治療では、どのようなことをしますか?

A.
歯のクリーニング、薬の服用のほか、水分摂取を多くしたり、保湿成分の入ったうがい薬を使用します。

関連するページ  ドライマウスの治療で使用される薬剤



Q.甘味を感じなくなっているのですが、治療の影響ですか?

A.
抗がん剤や放射線により、味を感じ取る細胞、唾液腺の細胞が障害を受けると、味覚障害がおきます。塩味や甘味が感じなくなったり、金属の味がすることがあります。

関連するページ  味覚障害



Q.味覚障害は治りますか?

A.
抗がん剤や放射線による味覚障害は一時的なもので治ります。味覚を感じにくくなっているときは、食事内容や調理方法を工夫するなどして対処します。



Q.がん治療後に抜歯はできますか?

A.
抜歯しても問題ないことが多いのですが、肺がん、腎臓がん、前立腺がん、乳がんなどではビスホスホネート系薬剤が使用され、この薬を服用しているときは抜歯できません。

関連するページ  がん治療薬(ビスホスホネート系薬剤)の副作用



Q.頭頸部に放射線治療を受けました。インプラント治療はできますか?

A.
放射線治療後のインプラント治療は、一般に推奨されていません。避けたほうがよいでしょう。

関連するページ  インプラント



Q.抗がん剤服用中は歯がしみました。知覚過敏の治療をおこなったほうがよいでしょうか?

A.
抗がん剤治療中は、すべての歯がしみるように感じることがあります。抗がん剤による神経障害の一つです。殆どの場合、治療の必要はありません。

関連するページ  知覚過敏症



Q.がん治療後でも、歯のクリーニング(口腔ケア)は必要ですか?

A.
歯のクリーニングは口の中の細菌数を減らし、合併症の発症率を下げたり、合併症の症状を緩和します。がん治療後も必要です。

PMTC器具 クリーニング器具 クリーニングで使用する器具

関連するページ  歯のクリーニング(PMTC)  歯のクリーニング(PMTC)の効果



Q.歯のクリーニングではどのようなことをしますか?

A.
専用の器具を使用して、日常の歯みがきでは取りきれない汚れや歯石を除去します。

関連するページ  歯垢と歯石



Q.自宅でがん治療をおこなっています。自宅で歯科治療や口腔ケアを受けることはできますか?

A.
はい、できます。歯科医師や歯科衛生士がご自宅にお伺いして、歯科治療や口腔ケアを受けることができます。

関連するページ  訪問歯科診療  自宅でがん治療中の方の訪問歯科診療



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  がん治療前・治療後の歯科治療


がん治療後の歯科治療 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック