スリープスプリント Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック
Q.スリープスプリントとは何ですか?

A.
いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療に使用するマウスピースです。口腔内装置(装具)、歯科装具、SS、OA、MAS、ORAPとも呼ばれています。

標準型 サイレンサー TRD NKコネクター ハーベスト

関連するページ  スリープスプリント  いびき治療の流れ



Q.スリープスプリントはどのような効果がありますか?

A.寝るときに装着することにより、気道(空気の通り道)が広がり、睡眠中のいびき、呼吸の低下や呼吸の停止が改善されます。

装着前(気道が塞がっています) 装着前   装着後(気道は広がっています) 装着後(気道が広がっています)



Q.スリープスプリントは健康保険適応ですか?

A.
健康保険適応です。ただし、全ての方に健康保険が適応になるというわけではなく、(1)検査をおこなうこと、(2)検査の結果、睡眠時無呼吸症候群と診断されること、(3)医師の治療依頼があることが、健康保険適応の条件となっています。

関連するページ  健康保険適応のスリープスプリント



Q.他の治療と比べた、スリープスプリントの長所、短所は何ですか?

A.
長所としては、他の治療法に比べて安価であること、コンパクトで持ち運びに便利なこと、手術が必要なく歯の型をとるだけで簡単に装着できることが挙げられます。
短所としては、残存している歯の本数が少ない方や重度の歯周病の方には適応にならないことが挙げられます。

関連するページ  いびきと睡眠時無呼吸症候群  スリープスプリントの副作用



Q.無呼吸はなく、いびきを治したいだけなのですが、スリープスプリントをつくってもらえますか?

A.
可能です。当クリニックでスリープスプリントを作製させていただいている方の約7割は睡眠時無呼吸症候群と診断された方ですが、いびきを治したくて来院される方も多くいます。

夜行バス 夜行バス、飛行機の中や山小屋で使用される方もいます

治療データ  治療データ

※日常生活以外でもスリープスプリントには次のような使用方法があります。
社員旅行 友人との旅行 夜行バス 飛行機(海外) 山小屋(登山) 入院(相部屋) 仮眠室  など




Q.スリープスプリントの治療効果はどのくらいありますか?

A.
当クリニックでスリープスプリントを作製した方のほとんどが、いびきがなくなる、もしくはいびきが以前よりもかなり小さくなっています。
また、熟睡できるようになった、体調がよくなった、血圧が下がった、朝の目覚めがすっきりするようになった、(いびきが小さくなったことによって)他人に迷惑をかけなくなったなどのお声をいただいています。

関連するページ  スリープスプリントの治療効果予測  睡眠時無呼吸症候群の治療例



Q.スリープスプリントで治りにくい人はいますか?

A.
舌の筋肉が弱く、舌が下に落ちている状態(低位舌)の人は、治りにくい傾向にあります。しかしながら、舌の体操をおこなうことにより、低位舌は改善されます。

舌 低位舌は舌の運動をおこなうことで改善されます

関連するページ  低位舌



Q.CPAP(しーぱっぷ)よりも治療効果は高いですか?

A.
一般にCPAPのほうが効果は高いとされています。

シーパップ装着時  シーパップ CPAP

関連するページ  CPAPについて  睡眠時無呼吸症候群の治療効果



Q.スリープスプリントはどのくらいもちますか?

A.
丈夫なプラスチックでできていますので、失くしたり、強く踏みつけるなどして壊さない限り、何年ももちます。



Q.スリープスプリントはどのくらいでできますか?

A.
大きな虫歯があるなどの問題がなければ、スリープスプリントは1週間ほどでできあがります。



Q.何回くらいの通院が必要ですか?

A.殆どの方が3〜4回の通院で終了しています。



Q.どのくらいの費用がかかりますか?

A.自己負担3割の方で1〜2万円の費用がかかります。

ソムノデント 一部のスリープスプリントは健康保険適応外となります

関連するページ  スリープスプリントの費用



Q.遠方から来院します。来院当日にスリープスプリントを作ってもらえますか?

A.お口の中に問題がなければ、特別な方法により来院当日にスリープスプリントを作製、お渡しします。事前にご予約いただき、遠方から来院されることをお伝えください。当日の作製、お渡しは、首都圏以外から来院の患者様に限らせていただきます。

関連するページ  新幹線・飛行機でのご来院



Q.CPAPとの併用はできます?

A.
はい、できます。普段はCPAPを使用して、出張や旅行のときだけスリープスプリントを使用される方も多くいます。当クリニックにいびき・睡眠時無呼吸症候群治療を目的として来院される患者様の4%が、CPAPとスリープスプリントを併用しています。



Q.CPAPがあわなかったのですが、スリープスプリントは大丈夫でしょうか?

A.
CPAPに比べるとスリープスプリントのほうが違和感が少ないため、CPAPがあわない方でもスリープスプリントによる治療がうまくいくことが殆どです。

関連するページ  CPAPがあわない時は



Q.いびきの相談だけなのですが、可能ですか?

A.
はい、可能です。些細なことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談 お気軽にご相談ください



スリープスプリントは、問題がなければ2〜3回のご来院で簡単に作製できます。また、手術や持ち運びの不便な大きな器具は必要ありません。ほとんどの方にいびきの改善がみられます。お気軽にご相談ください。

※いびき治療の受診をご希望の方は、お手数ですが事前にご予約ください。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  いびき・睡眠時無呼吸症候群


スリープスプリント Q&A