妊娠中の歯科治療 Q&A  横浜・中川駅前歯科クリニック
Q.妊娠中でも歯科治療は可能ですか?

A.妊娠中でも健康状態や治療内容によっては可能です。

診療風景 妊娠中でも歯科治療は可能です

関連するページ  妊娠中にかかりやすい口の中の病気  妊娠中のお口の健康 Q&A


Q.虫歯があります。出産後に治療をしたほうがよいでしょうか?

A.虫歯をそのままにしておくと進行してしまうこと、出産後は育児のため通院しにくいことから、可能であれば出産前に虫歯の治療を済ませておいた方がよいでしょう。



Q.麻酔は使用できますか?

A.麻酔の種類にもよりますが、歯科治療で使用する麻酔の使用量はごく少量で安全性が高い麻酔を使用するため、問題なく使用できます。

関連するページ  妊娠中の歯科麻酔



Q.レントゲン写真の撮影は大丈夫ですか?

A.歯科治療で使用するレントゲン写真はお腹から離れており、放射線量も無視できるレベルのため、問題はありません。

口内法エックス線撮影 歯のレントゲン写真

関連するページ  妊娠中のレントゲン


Q.抜歯は出産後のほうがよいでしょうか?

A.抜歯をするかは、歯の状態によります。抜歯をしないことで感染が広がったり、痛みが続く場合などは、妊娠中であっても抜歯したほうがよいでしょう。全く腫れていない親知らずは、妊娠中の抜歯は避けます。



Q.歯の痛みが強いのですが、痛み止めや化膿止めの薬を飲んだほうがよいでしょうか?

A.基本的に妊娠中は薬を服用しませんが、薬を服用しないことで母体に悪影響がある場合は、薬を服用したほうがよいでしょう。

腫れ、痛み 腫れ、痛み

関連するページ  妊娠中の薬の服用


Q.抗生物質の服用によって、子供の歯が変色すると聞きました。大丈夫ですか?

A.テトラサイクリン系抗生物質を服用すると、お子さんの歯が変色することがあります。そのため、現在では妊娠中に処方されることはありません。

変色歯 テトラサイクリン系抗生物質による変色歯

関連するページ  テトラサイクリン系抗生物質と歯


Q.妊娠してから口内炎がよくできます。口内炎の薬を塗ってもよいでしょうか?

A.口内炎の塗り薬の多くはステロイド剤で、妊娠中は使用できません。歯科医院で処方してもらい、うがい薬や漢方薬を使用されるのがよいでしょう。

関連するページ  口内炎  口内炎の治療



Q.妊娠中でも歯周病の治療はできますか?

A.はい、できます。歯周病が進行すると、早産の原因になることもありますので、歯の清掃(クリーニング)などの処置をお受けになられるのがよいでしょう。

関連するページ  歯周病と妊娠



Q.歯のクリーニング(PMTC)は、どのようなことをするのでしょうか?

A.歯石や日常の歯みがきでは取りきれなかった汚れを除去します。虫歯、歯周病、口臭の高い予防効果があります。

クリーニング前 クリーニング後 歯のクリーニング前(左)と後(右)

関連するページ  歯のクリーニング  歯のクリーニングの効果  クリーニング Q&A


Q.妊娠中でもホワイトニングはできますか?

A.問題ないと思われますが、安全性が確立されていないため、妊娠中のホワイトニングは避けた方がよいでしょう。

関連するページ  ホワイトニング・歯のマニキュア



Q.矯正治療中に妊娠しました。矯正治療は中断したほうがよいでしょうか?

A.妊娠中でも矯正治療は問題なくできるため、治療を中断する必要はありません。ただし、妊娠中は虫歯になりやすいので注意が必要です。

関連するページ  矯正歯科・歯並び



Q.仰向けに寝ると苦しいのですが、治療を受けることはできるでしょうか?

A.妊娠末期に仰向けの姿勢を長く続けると、子宮が静脈を圧迫するため血圧が低下することがあります。苦しいときは完全な水平位ではなく、座った姿勢で治療をおこなうと和らぎます

診察 苦しいときは姿勢を起こすと楽になります



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  マタニティ歯科


妊娠中の歯科治療 Q&A