知覚過敏 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック
知覚過敏 Q&A

Q.知覚過敏とは何ですか?

A.
冷たい水を含んだ時にしみるような痛みのことをいいます。熱いもの、甘いもの、果物などの刺激で知覚過敏をおこすこともあります。

知覚過敏 歯がき〜んとしみることがあります

関連するページ  知覚過敏  知覚過敏セルフチェック表



Q.原因は何ですか?

A.
知覚過敏の原因で多いのが、間違った歯磨き方法、歯周病、歯ぎしり、酸蝕症によるものです。

間違った歯磨き方法で歯が削れたり、歯周病などで歯肉が下がったりすると、歯の内面がむき出しになります。すると、冷たい物などの刺激が歯の神経に伝わり、しみるような痛みを感じます。

歯軋り 歯ぎしりによって削れてしまった歯

関連するページ  歯ぎしり  酸蝕症  歯みがきのコツ  歯のみがき方 Q&A



Q.虫歯で歯がしみることもありますか?

A.
あります。



Q.歯科医院でおこなう治療には、どのようなものがありますか?

A.
歯科医院では、歯周病や歯ぎしりの治療、歯に薬を塗ったり、つめ物をすることにより知覚過敏を治していきます。

検診 知覚過敏の治療

関連するページ  知覚過敏の治療



Q.自分でおこなう治療には、どのようなものがありますか?

A.
ご自身でおこなう方法としては、正しい方法で歯を磨く、知覚過敏用歯磨き粉を使用する、食生活を改善するなどの方法があります。

歯みがき 歯みがき



Q.知覚過敏用歯磨き粉を使用すれば治りますか?

A.
知覚過敏の原因は様々です。まずは歯科医院で検査を受け、歯科医院での治療とあわせて知覚過敏用歯磨き粉を使用していくのがよいでしょう。

シュミテクト 知覚過敏を防ぐ歯磨き粉

関連するページ  知覚過敏用歯磨き粉



Q.歯はしみていませんが、知覚過敏用歯磨き粉を使用してもよいでしょうか?

A.
問題はありません。知覚過敏の予防のために使用している方も多くいます。



Q.歯科医院での知覚過敏の治療は健康保険が適応になりますか?

A.適応になります。



Q.治療をすれば、もう知覚過敏にはなりませんか?

A.治療と同時に、歯周病、歯ぎしり、歯磨き方法など知覚過敏の原因も治していく必要があります。原因を治していかない限り、一度治ったとしても多くの場合において知覚過敏は再発します。



Q.知覚過敏をそのままにしておくと、どうなりますか?

A.
知覚過敏で歯がしみると、その部分の歯磨きが不十分になり、その結果、汚れがたまり虫歯や歯周病にかかりやすくなります。また、口臭の原因にもなります。

関連するページ  虫歯  歯周病  口臭



Q.知覚過敏は治りますか?

A.
ほとんどの場合はよくなりますが、症状がひどい場合は歯の神経を取らなければならないこともあります。早めに治療をおこなうことが大切です。



Q.知覚過敏は高齢者がなる病気ですか?

A.
知覚過敏は全ての年齢にみられます。

診察 知覚過敏は全ての年齢にみられます



Q.知覚過敏は1ヶ所だけ歯がしみるのですか?

A.
1ヶ所だけしみることもありますが、数本の歯や口全体がしみることもよくあります。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  知覚過敏症