摂食障害について
摂食障害とは、過度な量の食事摂取や極端な食事制限により、健康に様々な問題が引きおこされる病気です。症状によって「神経性過食症(過食症)」、「神経性無食欲症(拒食症)」、「過食性障害」の3つに分類されます。


女性が多く、過食症は20歳代で、拒食症は10歳代で発症することが多い傾向があります。

欧米での有病率は、過食症は女性0.9〜2.2%、男性0.2〜0.3%、拒食症は女性1.5〜2%、男性0.5%となっており、
決して稀な病気ではありません。日本は欧米に比べると支援体制が貧弱で、支援体制の充実が求められています。

摂食障害の患者さんは虫歯や酸蝕症になりやすく、また病気のために歯科医院に通院できないことも多く、若くして歯がボロボロになってしまう人が非常に多くいます。
早期の歯科治療、予防が大切となります。


当クリニックの特徴
歯科医師、薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士が在籍し、
摂食障害の方の虫歯治療、予防処置、嘔吐用マウスピースの作製などの歯科治療をおこなっています。月に5〜10人ほどの摂食障害の方が新患として来院されています。

通院しやすい駅前に立地。横浜、新横浜、渋谷、二子玉川、自由が丘、町田、長津田、日吉、溝の口などのターミナル駅からも30分圏内と近く、遠方からも来院しやすい歯科医院です(交通アクセス)。

ご不明な点などがありましたらお気軽にご相談ください。少しでもお役に立てればと思います。メールでもご相談をお受けしております。メールでのご相談で最も多いのは摂食障害の方からとなっています。お気軽にご利用ください。

交通アクセス  オンライン診療相談



摂食障害について

摂食障害でお悩みの方へ  摂食障害 セルフチェック
摂食障害でお悩み、お困りの方に対するメッセージ等です。


摂食障害と歯科治療  摂食障害 患者様からご要望の多い診療
過食症、拒食症の方の歯科治療、予防処置についての説明です。


摂食障害と歯科 Q&A
摂食障害と歯の健康、治療についてQ&Aでお答えしています。


嘔吐時の対応(摂食障害)
嘔吐時に使用するマウスピースなどについての説明です。


中学生、高校生の摂食障害とお口の健康
10代の方のお口の健康維持についての説明です。


女性アスリートの摂食障害
女性のスポーツ選手は摂食障害の発症率が高いとされています。


お問い合わせ・ご相談
歯と口の健康、治療などに関する無料メール相談窓口です。



摂食障害の方がなりやすい病気にいついて

酸蝕症  知覚過敏症
歯が溶ける病気、歯がしみる病気についての説明です。


歯周病と骨粗鬆症(こつそしょうしょう)  骨粗鬆症と歯科治療 Q&A
骨がスカスカになりもろくなる病気についての説明です。


糖尿病  胃食道逆流症(逆流性食道炎)
過食症の方がなりやすい病気についての説明です。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  全身のご病気、障害、こころの病気をおもちの方の歯科治療


摂食障害(過食症、拒食症)
摂食障害 横浜・中川駅前歯科クリニック