嘔吐時の対応(摂食障害) 横浜・中川駅前歯科クリニック

摂食障害の方は、日常的に嘔吐をする方が少なくありません。嘔吐は虫歯や酸蝕症の原因になるため、決してお勧めできるものではありませんが、やむを得ない場合は下記の対応をおこなうことにより、虫歯や酸蝕症をある程度は防ぐことができます。



嘔吐が歯に及ぼす影響

歯はph5.5以下の酸で溶けますが、胃酸はph1〜2と強酸で、歯を溶かしていきます。嘔吐時の胃酸や嘔吐物を原因として、歯が溶ける病気「酸蝕症」を高い確率で発症します。また、口の中が酸性になると虫歯にもなりやすくなります。

嘔吐

関連するページ  摂食障害と歯科治療  摂食障害と歯科 Q&A  酸蝕歯  虫歯



嘔吐時の対応

1)うがいをする
嘔吐をしたとき、嘔吐していなくても口内に胃酸の逆流が感じられたときは、胃酸の味がしなくなるまで、うがいをくり返します。繰り返しのうがいによって、酸性になった口内を中性に近づけ、虫歯ができたり歯が溶けるのを防ぎます。

また、胃酸は強力な酸のため、水で流さないと食道やのどを傷つけてしまい、逆流性食道炎の原因になることがあります。嘔吐後は水やお茶などを飲むようにします。

うがい

関連するページ  なぜ虫歯になるの?  胃食道逆流症(逆流性食道炎)



2)フッ素洗口
フッ素洗口とは、濃度の低いフッ素の入った水でブクブクうがいをする虫歯予防法です。水でうがいをおこなうよりも虫歯や酸蝕症の予防効果があります。フッ素洗口剤は歯科医院で購入ができます。

ミラノ―ル

関連するページ  フッ素洗口



3)マウスピースの装着
嘔吐時に歯を覆うマウスピースを装着するのも一つの方法です。マウスピースで歯を覆うことにより、胃酸や嘔吐物で歯が溶けるのを防ぎます。嘔吐後はうがいをしてからマウスピースを外します。マウスピースは歯科医院で作製できます。

マウスピース



4)歯みがき
嘔吐後は歯の一部は溶けかかっているため、ゴシゴシみがくと歯が削れてしまいます。歯みがきは、胃酸の味がなくなってから、30分以上たってからおこないます。



5)ガム
ガムをかむことによって唾液を出すことで、酸性になった口の中を中性にしていきます。口内が中性になることで、虫歯の予防がはかれるほか、唾液は歯を修復する作用や逆流性食道炎を予防する作用もあります。

ガムは、キシリトールガムやリカルデントガムなど虫歯にならないガムを選択します。

関連するページ  キシリトール  キシリトール Q&A  リカルデント



ご不明な点などがありましたら、些細なことでも構いませんので、ご来院の際にお気軽にご相談下さい。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  酸蝕症


嘔吐時の対応(摂食障害)