摂食障害と歯科 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック

Q.摂食障害で歯が溶けると聞きますが、吐く時間は短いのに歯は本当に溶けるものでしょうか?

A.歯はph5.5以下の酸で溶けます。胃酸はph1〜2の強酸で、吐いた後もしばらくは口の中に残ります。そのため、繰り返しの嘔吐は歯が溶ける原因になります。

関連するページ  摂食障害と歯科治療  嘔吐時の対応(摂食障害)



Q.嘔吐をしても、すぐにうがいをすれば歯は大丈夫ですか?

A.うがいをすると、酸性になった口の中はある程度は中和されます。嘔吐後に何もしないよりかはいいのですが、残念ながら全く歯が溶けないわけではありません。

歯磨き 摂食障害があるときは、歯の手入れに気を付けます



Q.最近、前歯が薄く透明になってきた感じがします。過食嘔吐の影響でしょうか?

A.過食嘔吐によって歯が溶けたためと思われます。歯が溶ける病気「酸蝕症」の症状の一つです。 

関連するページ  酸蝕歯(さんしょくし)  酸蝕歯 Q&A



Q.歯が欠けてしまいました。毎日嘔吐しているせいでしょうか?

A.ご指摘の通り、嘔吐の影響と思われます。歯が溶けて薄くなり、欠けてしまったものと思われます。



Q.摂食障害であることを隠しています。歯科治療時に歯医者さんに気付かれてしまうことはありますか?

A.摂食障害の期間が短ければ気付くことはありませんが、摂食障害の期間が長いと口の中に様々な症状が表れるため、歯科医師は気付きます。

歯科治療 歯科治療は、無理でなければ早めにおこないます



Q.歯科医院で摂食障害であることを聞かれることはありますか?

A.歯科医師によります。摂食障害に気付かない歯科医師もいますし、気付いたらお聞きする歯科医師もいます。気付いていてもお聞きしない歯科医師もいます。



Q.長年の過食嘔吐が原因で、歯がボロボロです。歯医者さんに行きたい気持ちはあるのですが、歯を見せる勇気がありません。

A.摂食障害は若い女性を中心に患者さんが多い病気です。摂食障害の方、摂食障害が治癒した方が多く来院されていますので、安心してご来院していただければと思います。

診療 摂食障害の方、摂食障害が治癒した方が多く来院されています



Q.歯科医院に相談だけに行っても構わないでしょうか?

A.相談だけでも構いません。お気軽にご来院いただければと思います。



Q.嘔吐はやめられないと思います。それでも歯科医院に通院してもよいのでしょうか?

A.お気軽にご来院ください。当クリニックに来院されている摂食障害の方の多くが、歯に対する不安を持っておられます。「摂食障害は治らなくても、歯は守りたい、治したい」とお考えの患者様が多くいます。



Q.夕食後の嘔吐がやめられません。嘔吐によって歯が溶けるのを防ぐ方法はありますか?

A.吐いたらすぐにうがいすること、可能であればフッ素洗口をおこなうのがよいでしょう。マウスピースを歯科医院で作製して、マウスピースを装着してから嘔吐をおこなうのも一つの方法です。

関連するページ  フッ素洗口



Q.太ってしまうことが怖く、食後は口に手を入れて吐いています。自分なりに考えて、吐いた後はイソジンでうがいをしているのですが、歯のケアには有効でしょうか?

A.イソジンはphが2〜2.5とコーラ並みの強い酸なので、嘔吐後のうがいには適しません。うがいをするのであれば、水やフッ素洗口がおすすめです。



Q.嘔吐はないものの、過食がやめられません。何か対策はありますか?

A.食後にうがいをしたり、キシリトールガムをかむなどして口内を中和すること、可能であれば酸性度の強い飲食物(炭酸ジュース、かんきつ類など)の過剰摂取は、避けるようにします。

オレンジ 柑橘類は酸性度が高く、歯が溶けやすいので注意します

関連するページ  キシリトール  キシリトール Q&A



Q.痩せたいという気持ちからダイエットを始めたのですが、ここ1年は毎日吐くようになりました。最近になって、冷たいものを飲食するとしみるようになりました。何か治療はあるのでしょうか?

A.歯がしみる病気「知覚過敏」になっていると思われます。嘔吐を止められればよいのですが、無理な場合は溶けてしまった歯につめ物をするなどして治していきます。

知覚過敏 上の前歯の内側(口蓋側)がしみやすくなります

関連するページ  知覚過敏症



Q.摂食障害になってから10年以上になります。歯はボロボロですが治してもらえるのでしょうか?

A.歯の状態にもよりますが、可能な限り歯を抜かず、できる限りの治療をさせていただきます。治療に関してご要望などがありましたら、些細なことでも構いませんので、お気軽にお申し付けください。



Q.摂食障害は口臭の原因になりますか?

A.過食があると口内が汚れ、拒食があるとドライマウス(口腔乾燥症)になりやすく、これらは口内の細菌を繁殖させるため、口臭の原因になります。また、嘔吐は口内を酸性にするため、酸っぱい臭いがします。

関連するページ  口臭



Q.摂食障害は味覚障害の原因になりますか?

A.摂食障害により十分な栄養を摂ることができないと、味覚障害がおきることがあります。

味覚 亜鉛などのミネラルが不足すると味覚障害をおこします

関連するページ  味覚障害



Q.高校生です。中学生のときに吐いて痩せたことがきっかけで、嘔吐がやめられません。歯はボロボロですが、親には打ち明けることができません。どうすればよいでしょうか?

A.保護者の方に打ち明けるのが一番よいのですが、無理であれば、まずはスクールカウンセラーもしくは保健の先生に相談されるのがよいかと思います。保護者の方には虫歯ができたと言って、通院される方もいます。



Q.高校生です。毎日学校から帰ると嘔吐をしているせいで歯はボロボロ、入れ歯になりそうです。高校生でも入れ歯の人はいるのでしょうか?

A.高校生でも入れ歯を使用している人はいます。使用していても他人に気付かれないだけです。無理でなければ早めに受診してください。

学校 高校生でも入れ歯を使用している人はいます

関連するページ  入れ歯  ノンクラスプデンチャー



Q.歯科治療をしても、つめ物がすぐに外れます。治療が下手なのでしょうか?

A.摂食障害があると、銀歯などのつめ物周囲の歯質が酸によって溶かされていくため、つめ物が外れやすい傾向にあります。



Q.過食嘔吐を繰り返しています。歯が溶け続けていくのが嫌なので、また見た目が気になるので、セラミックス治療をしてもらうことはできますか?

A.可能ですが、セラミックス治療は高額の費用がかかること、他の治療に比べると歯を削る量が多くなること、酸で溶けた歯がさらになくなってしまうため、あまりお勧めできません。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  酸蝕症


摂食障害と歯科 Q&A