Q.生えたばかりの歯は、虫歯になりやすいというのは本当ですか?

.生えたばかりの歯は、歯の表面が軟らかく虫歯になりやすいのです。歯が生えてから表面が硬くなってくるまでの間に虫歯ができることが多く、この時期は特に虫歯にならないよう注意する必要があります。

関連するページ  小児の虫歯治療  乳歯の虫歯をそのままにしていませんか?



Q.乳歯が残っているのに永久歯が生えてきました。どうしたらよいですか?

A.
永久歯は乳歯の根を少しずつ吸収しながら(溶かしながら)、乳歯に導かれて生えてきます。そのため、乳歯は永久歯が生え進むにつれて、自然に抜け落ちるのですが、時には何らかの理由で、うまく根が吸収されずに残っている場合があります。

このような場合は、永久歯の邪魔になり歯並びなどに影響がでることがあるので、なるべく早く取り除く必要があります。

乳歯の内側から永久歯が生えてきました 乳歯の内側から永久歯が生えてきました

関連するページ  抜歯が必要な乳歯



Q.1歳半で前歯が溶けてきたようですが。

A.
前歯が溶けてきたように見えるのは、虫歯であると思われます。哺乳ビンにジュース、乳酸飲料、スポーツドリンクを入れて与えたり、哺乳ビンのダラダラ飲みによってできることが多いようです。虫歯は、まず歯の表面が白くなり、次第に歯が溶けてきたような状態になってきます。早めに治療を受けてくださいね。



Q.3歳で急に虫歯が増えてきたようですが。

A.
この頃になると、外に出て甘いものを口にすることが多くなってきます。また、歯と歯の間に虫歯ができてくる時期でもあります。

虫歯は、歯と歯の間の隠れたところで進行し、保護者の方が気付いた時には大きな虫歯になっていることが多いのです。また、乳歯の神経はまだ未熟で、あまり痛みを感じません。

このことが発見を遅らせる原因の一つです。早期発見、早期治療をおこなうために、定期的な検診が必要になります。

関連するページ  予防歯科



Q.1歳10ヶ月の子供ですが、いまだに寝る前に哺乳ビンが手放せません。歯にも何か影響がでますか?

A.
なるべく早くやめるようにしたほうがよいでしょう。哺乳ビンのダラダラ使用は乳児の虫歯の原因になりますし、お口のまわりの筋肉の発達にも影響がでてきます。徐々にコップに切り換えましょう。

寝る前の授乳がやめられなければ、飲んだ後は哺乳ビンをはずして口の中をきれいに拭いてあげます。お口の中が汚れたまま寝かさないでくださいね。

哺乳瓶 哺乳ビンは大きくなったら卒業しましょう



Q.ころんで歯をぶつけました。だんだん色が変わってきたのですが。

A.
早期に歯科医院で検診を受けて下さい。これをそのままにしておくと、いろいろと後になって影響がでてくることがあります。

歯の色が変わってきたのは打撲によって、歯の中にある神経が切断され出血したことによるものです。また歯にヒビが入ったり、歯のまわりの骨にまで傷が及ぶこともあるので、打撲したらすぐに歯科医の診断を受けてください。



Q.9カ月になりましたが、ほとんど口を動かしているように見えません。丸飲み込みしているのではないかと心配です。

A.
食べ物を口に入れてある程度の時間をおいて飲み込んでいるようであれば、また大きな粒はそのまま飲み込むことができないので、多少はかんで食べていると思われます。

もしも丸飲み込みをしているのであれば、お子さんのかむ能力に食べているものが合わないということですから、もう一度お子さんの能力に合うところまで調理形態を戻して、かむ練習をさせてあげてくださいね。

食事を楽しく! 食事を楽しく!


お子様の歯とお口の健康についてご不明な点等がありましたら、ご来院の際にお気軽にスタッフまでお問い合わせください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



関連するページ  小児歯科  こどもの歯 Q&A その1



こどもの歯 Q&A その2
こどもの歯 Q&A その2 横浜・中川駅前歯科クリニック