ひきこもりと歯科 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック
ひきこもりと歯科 Q&A

Q.ひきこもりとは、どのような状態ですか?

A.ひきこもりとは、仕事や学校に行かず、家族以外と交流をほとんどせずに、6か月以上続けて自宅にひきこもっている状態をいいます。

関連するページ  ひきこもりと歯科



Q.ひきこもりは多いのでしょうか?

A.決して珍しいことではなく、国の調査(2020年)では15〜39歳の54.1万人、40〜64歳の61.3万人、計100万人以上もの人がひきこもりと推察されています。



Q.ひきこもりになると、虫歯になりやすいと聞きました。本当でしょうか?

A.昼夜逆転した生活、歯をみがかない生活などにより、虫歯になりやすい傾向にあります。

関連するページ  虫歯



Q.虫歯以外になりやすい病気はありますか?

A.歯周病、酸蝕症、ドライマウス(口腔乾燥症)などの病気になりやすい傾向があります。

関連するページ  歯周病  ドライマウス(口腔乾燥症)



Q.酸蝕症とはどのような病気ですか?

A.歯が溶けてしまう病気です。摂食障害(拒食症、過食症)、食物をだらだら食べたり、清涼飲料水やアルコールを頻繁に摂取することによって発症します。

関連するページ  酸蝕症  摂食障害と歯科治療



Q.ドライマウスはなぜ発症するのでしょうか?

A.生活リズムの乱れ、ストレスなどから唾液が減少します。うつ病、統合失調症、強迫性障害などの心の病気、服用している薬によっても唾液は減少します。

関連するページ  うつ病  統合失調症  強迫性障害



Q.ドライマウスになると、何か問題がありますか?

A.虫歯や歯周病になりやすい、話しにくい、食べ物が飲み込みにくいなどの問題が生じます。

関連するページ  唾液の働き



Q.中川駅前歯科クリニックでは治療をおこなっていますか?

A.おこなっています。ご不明な点などがありましたら、メールもしくは電話(045-910-2277)にてお問い合わせください。



Q.生活保護を受けています。中川駅前歯科では医療券は使えますか?

A.使えます。

関連するページ  生活保護を受けている方へ   生活保護を受けられている方の歯科治療 Q&A



Q.どうしても外出できません。自宅まで検診に来てもらうことはできますか?

A.可能です。訪問歯科診療として歯科医師がご自宅にお伺いします。

関連するページ  訪問歯科  訪問歯科診療の対応地域



Q.対人恐怖症です。同じ先生に診てもらうことはできますか?

A.できます。お気軽にお申し付けください。



Q.両親は年金暮らしです。保険診療で治療をしてもらうことは可能ですか?

A.可能です。その他、ご要望がありましたらお申し付けください。



Q.食事、風呂、トイレ以外は部屋にいます。虫歯の進行を止めたくて、歯みがきを何度もしています。虫歯の進行は止まりますか?

A.
歯みがきをしっかりしていても、進行してしまう虫歯はあります。歯の痛みよりも外出する怖さが勝り、歯科医院に通院できない方が多い傾向にありますが、可能であれば通院していただければと思います。



Q.欠けた歯をそのままにしておくと、大変なことになりますか?

A.
欠けた歯の多くは虫歯が原因です。そのままにしておきますと、さらに歯が欠けたり、痛みがでることがありますので、治療を受けられるのがよいでしょう。



Q.日光に当たらないと、ビタミンD不足から虫歯になりやすくなりますか?

A.
虫歯になりやすくはなりません。ご安心ください。



Q.何度も通院しないと虫歯は治らないものでしょうか?

A.
虫歯の状態によります。一度の通院で治る虫歯もあれば、何度も通院しなければ治らない虫歯もあります。



Q.10年間ひきこもっていたため、虫歯だらけです。歯医者さんに行きたい気持ちはあるのですが、歯を見せる勇気がありません。

A.長く引きこもっていた方は虫歯が多い傾向にあり、決して珍しくはありません。臆することなく通院していただけたらと思います。



Q.歯が痛いです。もう我慢できません。歯医者さんに突然行っても大丈夫ですか?

A.ほとんどの歯科医院は予約制となっています。予約なしで受診されても診てもらえると思いますが、電話で予約をされてから受診されるのがよいかと思います。

関連するページ  歯痛・顔面痛



Q.ひきこもりが長かったため、歯がボロボロです。就職活動のために入れ歯をつくってもらうことはできますか?

A.
できます。目立たない、見た目に優れる入れ歯もありますので、お気軽にご相談ください。

関連するページ  入れ歯  ノンクラスプデンチャー



Q.ひきこもりが長かったため、人と接触するのが怖く、赤面してしまいます。治療を受けられるか心配です。

A.
歯科治療はどうしても緊張してしまいます。治療時に汗をかいたり、赤面したりする人は珍しくありませんし、無理なく治療を進めていけば問題ないかと思います。



Q.歯並びが悪いのがコンプレックスで、ひきこもりになりました。訪問歯科診療で歯並びの治療を受けることはできますか?

A.
訪問歯科診療での矯正治療は難しく、通院での治療となります。

関連するページ  矯正歯科・歯並び



Q.口臭で悩んでいます。ひきこもろうと思っていますが、何か対策はありますか?

A.
ひきこもる前に、歯科医院で口臭治療をお受けになられるのがよいかと思います。

関連するページ  口臭



Q.治療はせずに相談だけでもしてもらえますか?

A.相談のみも可能です。お気軽にご来院ください。



Q.事前にメールで相談することはできますか?

A.メール、電話(045-910-2277)にてご相談をお受けしています。お気軽にご相談ください。


当クリニックでは、ひきこもりの方の歯科治療をおこなっています。歯とお口の健康、歯科治療などについて、ご不明な点等がありましたら、お気軽にご相談ください。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  全身のご病気、障害、こころの病気をおもちの方の歯科治療