掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)について
掌蹠膿疱症は、手のひら(掌)や足の裏(蹠)に膿(うみ、膿疱)がたまる病気です。

小さな水ぶくれが生じて、膿に変化します。次第に皮膚が赤くなったり、膿が茶褐色、暗黄色に変化してかさぶた(痂皮)になり、表層が剥がれ落ちてきます。症状は良くなったり、悪くなったりを繰り返します。一般に治るまでに3〜7年ほどかかるといわれています。

原因は不明ですが、歯の根の膿、歯周病、扁桃、副鼻腔、リンパ節などの病巣感染、金属アレルギーを誘因として発症するとされています。また、ビオチン欠乏も原因として考えられています。

患者数は
2.6万人(厚生労働省、2005年)とされていますが、病気に気付かない人、単なる湿疹や水虫と診断されてしまう人も多く、実際はその数倍の患者数がいるのではないかとされています。女性に多い病気です。

治療は皮膚科を中心に、内科、歯科、口腔外科、耳鼻咽喉科、整形外科などでおこないます。

医科では、軟膏の使用、薬の服用、扁桃の除去、ビオチン療法、禁煙等の治療をおこないます。歯科では、金属アレルギー治療、歯の根の治療、歯周病治療、親知らずなどの抜歯をおこないます。

掌蹠膿疱症は歯科医師にはほとんど知られていない病気です。同様に、掌蹠膿疱症が歯の根の治療、歯周病治療、金属アレルギー治療等により治ることがあることもほとんど知られていません。

手  足


当クリニックについて
掌蹠膿疱症に対応した金属アレルギーの各種検査や治療、歯の根の治療、歯周病治療、親知らずの抜歯をおこなっています。治療をおこなう歯科医院が殆どないため、多くの方が遠方からの来院となっています(当クリニックの特徴治療データ)。

通院しやすい駅前に立地。横浜、新横浜、渋谷、二子玉川、自由が丘、町田、長津田、日吉、溝の口などのターミナル駅からも30分圏内と近く、遠方からも来院しやすい歯科医院です(交通アクセス)。

ご不明な点などがありましたら、お気
軽にご相談、ご来院ください。メール(tsuzuki@neo.famille.ne.jp)でもご相談をお受けしておりますご来院の際は、ご予約をお願いいたします。

交通アクセス  お問い合わせ電話番号 045−910−2277




取材を受け、週刊ポスト8月5日号(2016年7月22日発売)に金属ア
レルギーに関する記事が掲載されました。同様の記事がYahoo!ニュース、@niftyニュース、BIGLOBEニュース、livedoorニュースgooニュースに掲載され、2016年7月25日7月29日に配信されました医院取材記事

週刊ポスト(表紙) 週刊ポスト記事 ヤフーニュース




掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)  掌蹠膿疱症 Q&A
手のひらや足の裏に膿がたまる病気「掌蹠膿疱症」の説明です。


掌蹠膿疱症の治療  掌蹠膿疱症の歯科治療  掌蹠膿疱症の治療方針
金属アレルギー治療、歯の根の治療など、治療についての説明です。


掌蹠膿疱症の歯科治療の流れ  当クリニックの特徴
当クリニックにおける掌蹠膿疱症治療のご案内です。


SAPHO症候群
掌蹠膿疱症、関節や骨の炎症、にきび等の症状のある病気の説明です。


治療データ
当クリニックに金属アレルギー治療を目的として来院される患者様の概要です。


歯科金属アレルギー
金属アレルギーに関するリンク集です。


医療関係者の方へ
当クリニックでおこなっている金属アレルギー治療の説明です。



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)



掌蹠膿疱症
掌蹠膿疱症 横浜・中川駅前歯科クリニック