Q.歯周病はどのような病気ですか?

A.歯周病とは、歯を支える歯肉(歯茎)や骨の病気です。日本人成人の8割がかかっている言われ、病状が進行すると歯がグラグラになり抜け落ちます。

痛み 歯周病は、歯がグラグラになって抜け落ちてしまう病気です

関連するページ  歯周病について


Q.歯周病の原因は歯垢(しこう、プラーク)と聞いたのですが、歯垢とは何ですか?

A.歯垢は、歯についている白もしくは黄白色のネバネバしたもので、歯周病菌などでできています。そのままにしておくと歯周病が進行していきますので、歯みがきをしっかりおこなって、歯垢を除去していくことが大切です。

歯垢 歯垢はばい菌のかたまりです

関連するページ  歯垢と歯石  歯周病菌ってどんな菌?


Q.歯周病は他の病気をひきおこすことはありますが?

A.歯周病は口の中だけでなく、心臓病、糖尿病、肺炎など全身の病気にも関与しています。これらの病気を防ぐためにも歯周病の予防、治療は必要となります。

関連するページ  歯周病と全身とのかかわりについて  歯周病と糖尿病  歯周病と心臓病



Q.歯肉(歯茎)が黒ずんできました。歯周病ですか?

A.日焼けして皮膚が黒くなるのと同じように、歯肉もタバコ、口呼吸などによりメラニン色素がついて黒くなります。歯周病とは関係はありませんので、そのままにしていても問題はありませんが、気になる場合は「ホワイトニング」により、歯茎をピンク色にすることもできます。

歯肉 タバコにより黒ずんだ歯肉

関連するページ  歯肉のホワイトニング  歯肉のホワイトニング Q&A


Q.歯みがきのときに歯肉(歯茎)から血がよくでます。歯周病ですか?

A.歯肉に炎症がおきると、歯ブラシや食物程度の刺激でも血がでやすくなります。歯周病の可能性が高いと思われます。早めの受診をおすすめします。

歯みがき 歯周病になると、歯肉から出血しやすくなります


Q.歯の根の先がときどき腫れます。これも歯周病でしょうか?

A.多くの場合、(治療済みも含めて)虫歯が原因で、歯の根の先に膿(うみ)がたまることによりおきます。ただし、歯周病が歯の根の先まで達すると同じような症状がでることもあります。



Q.歯肉(歯茎)が下がってきました。歯周病ですか?

A.歯周病により歯肉が下がることもありますが、誤った歯みがき方法、加齢、歯ぎしりなどにより歯肉は下がることもあります。

歯周病の歯茎 歯周病により下がった歯

関連するページ  歯ぎしり


Q.かみ合わせが悪いと歯周病の原因になりますか?

A.かみ合わせが悪いと一部の歯に強い力が加わり、歯周病を悪化させる原因になることがあります。矯正治療によりかみ合わせを改善するのも一つの方法です。

矯正治療 歯並びの治療

関連するページ  矯正歯科・歯並び


Q.「歯周ポケット」という言葉をよく聞きます。歯周ポケットとは何ですか?

A.歯と歯肉はピッタリくっついているように見えますが隙間があります。この歯と歯肉の間の隙間を歯周ポケットといいます。歯周ポケットは、歯周病の進行具合をみる一つの指標となります。

器具が入っているところが歯周ポケットです 歯周ポケット(歯と歯肉の間にある溝)

関連するページ  歯周ポケット


Q.歯みがきをしっかりすれば、歯周病を予防することができますか?

A.歯周病を予防するためには、歯の表面、歯と歯の間、歯と歯肉の境など、かなりしっかりした歯みがきが必要となります。汚れが取れていると思っても、実際には不十分であることがほとんどです。
そのため、歯みがきだけでなく、歯科医院での定期的な歯の清掃(クリーニング)などが必要となります。

歯みがき 歯みがきだけでなく、歯科医院での歯の清掃も欠かせません

関連するページ  歯のクリーニング(PMTC)  歯のクリーニング(PMTC)の効果


Q.歯周病予防のために、定期検診は受けたほうがよいでしょうか?

A.ぜひ受けたほうがよいでしょう。

関連するページ  定期検診  小児の定期検診



Q.口臭を予防したいのですが、歯周病治療をおこなったほうがよいでしょうか?

A.
おこなったほうがよいでしょう。歯周病菌は、悪臭の強いメチルメルカプタンを大量に産生します。歯周病治療によって歯周病菌を減らしていくことは、口臭の発生を抑えます。

口臭 歯周病治療は、口臭予防にもなります

関連するページ  口臭


Q.歯周病にかかりやすさはありますか?

A.あります。歯周病のかかりやすさは、歯並び、口の中にいる歯周病菌の種類、生活習慣(食生活、タバコなど)、全身の病気(糖尿病など)、遺伝的影響などが関わっています。

関連するページ  歯周病を悪化させる要因  生活習慣と歯周病  タバコ  糖尿病



Q.歯周病のかかりやすさに男女差はありますか?

A.あります。妊娠されている女性は、ホルモンの影響で歯肉の炎症がおきやすくなります。また、閉経後には歯肉の上皮が剥がれ落ちてしまう歯周病(慢性剥離性歯肉炎)にかかりやすくなると言われています。

マタニティ 妊娠時は歯肉が腫れやすくなります

関連するページ  歯周病と妊娠


Q.歯周病になりやすい食べ物はありますか?

A.歯周病の最大の原因は歯につく歯垢(しこう、プラーク)です。歯垢ができやすい食べ物としては、軟らかい食べ物、粘着性の高い食べ物、糖分が高い食べ物があります。

クッキー 歯垢がたまりやすい食物

関連するページ  食育


Q.タバコは歯肉(歯茎)に悪いですか?

A.タバコを吸っている人は吸っていない人に比べて、歯周病にかかりやすい、歯周病になっても気付きにくい、治療をおこなっても効果がでにくいという特徴があります。

タバコ タバコは歯周病を悪化させます

関連するページ  歯周病と喫煙


Q.入れ歯のバネがかかっている歯がグラグラしてきました。入れ歯が原因ですか?それとも歯周病が原因ですか?

A.どちらも原因として考えられます。入れ歯のバネがかかっている歯は他の歯よりも負担が大きいため、歯がグラグラしてくることがあります。また、入れ歯のバネがかかっている歯は歯垢がつきやすいため、歯周病にかかりやすくもなります。

関連するページ  入れ歯



Q.歯周病で歯がなくなると、咬みにくいこと以外に困ることはありますか?

A.歯を失うと医療費がかかるほか、認知症になりやすい、癌になりやすいなど、全身の健康にも影響を及ぼします。

関連するページ  歯を失うことによる損失



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  歯周病


歯周病 Q&A
歯周病 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック