認知症の方の歯科診療 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック
認知症の方の歯科診療 Q&A

Q.軽度認知障害(MCI)と診断されました。歯に対しておこなうべきことはありますか?

A.軽度認知障害の症状が進んで認知症になると、歯科治療に制限がでてきます。早めに受診して、必要があれば歯科治療をおこなうことが大切となります。

関連するページ  軽度認知障害(MCI)と歯科治療



Q.認知症の症状が進むと、歯科治療は不可能になるのでしょうか?

A.
いいえ、そのようなことはありません。ただ、認知症の症状が進むと口を開くことを拒むなどして、治療が長引いたり、時間がかかったりすることがあります。

介護

関連するページ  認知症の症状と歯科治療  訪問歯科  認知症の方の訪問歯科診療 Q&A


Q.虫歯を放置したままではだめでしょうか?

A.
虫歯の放置は、口内の汚れ、かむ能力の低下、低栄養の原因になり、認知症の症状を進行させます。

関連するページ  オーラルフレイルと口腔機能低下症



Q.入れ歯を使用していません。入れ歯を作製したほうがよいでしょうか?

A.
歯がほとんどなく入れ歯を未使用の人に比べると、入れ歯を使用している人の方が、認知症の症状が進行しにくいことが明らかにされています。入れ歯を作製したほうがよいでしょう。

入れ歯


Q.妻がアルツハイマー型認知症です。歯科治療をしてもらえますか?

A.
治療可能です。お気軽にご相談ください。



Q.父はレビー小体型認知症です。大声で叫ぶことがありますが、受診は可能ですか?

A.
受診可能です。スタッフは大声で叫んだり、奇声を発するのはレビー小体型認知症の症状の一つと理解していますので、問題はありません。お気軽にご相談ください。

高齢者


Q.母は前頭側頭型認知症のため、突然怒ったり、治療を拒否するかもしれません。治療は可能ですか?

A.
治療可能です。治療が中断されることもありますが、無理のない範囲で少しづつ治療を進めさせていただけたらと思います。



Q.口腔ケアにはどのような効果がありますか?

A.
口の中や咽頭の細菌数が減少し、肺炎、インフルエンザ、風邪の予防になるほか、認知症の症状の進行を抑えることができます。

関連するページ  誤嚥性肺炎  口腔ケア  口腔ケア Q&A  口腔ケアの効果



Q.胃ろうにすれば、誤嚥性肺炎は減りますか?

A.
必ずしも誤嚥性肺炎が減るわけではありません。

関連するページ  胃ろう(PEG)



Q.自分で意思表示をしないため、虫歯ができていないか心配です。歯科検診をしてもらうことは可能ですか?

A.可能です。お気軽にご相談ください。



Q.父の食べる機能が落ちてきました。最後まで口から食べて欲しいと思っています。摂食嚥下訓練をしてもらえますか?

A.
可能です。お気軽にご相談ください。

いただきます

関連するページ  認知症と食事  摂食嚥下障害  摂食嚥下訓練  摂食嚥下障害 Q&A



※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院の方)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  認知症