口臭 Q&A 横浜・中川駅前歯科クリニック
口臭 Q&A
Q.口臭が気になる人は多いのでしょうか?

A.
日本歯科医師会が10000人を対象におこなった大規模調査によると、3割近くもの人が口臭が気になるとのことです。口臭が気になる方は多く、決して珍しいわけではありません。

口臭 口臭が気になる人は多くいます

関連するページ  口臭の意識調査  口臭の分類  口臭治療 Q&A



Q.口臭の原因には、どのようなものがありますか?

A.
口臭の原因には、虫歯、歯周病、ドライマウス(口腔乾燥症)、口の中の汚れのほか、起床時や緊張したとき、空腹時などに生じる口臭、生理時など女性ホルモンの変動によっておこる口臭、ニンニクなど食品由来の口臭、がんや糖尿病など全身の病気が原因でおきる口臭等があります。

マタニティ 妊娠時は口臭が強くなります

関連するページ  口臭の原因  がん治療前後の歯科治療  糖尿病



Q.ドライマウスは、なぜ口臭の原因になるのでしょうか?

A.
唾液は、食べかすを洗い流し、細菌の繁殖を抑える効果があります。ドライマウスになり、唾液が減少すると、口の中に汚れがたまり、細菌は繁殖し、強い口臭が発生しやすくなります。

関連するページ  唾液の働き  唾液の分泌  ドライマウス(口腔乾燥症)



Q.緊張しているときに口臭がします。原因は何でしょうか?

A.
緊張時は唾液の分泌が減少して、口の中が渇きやすくなります。その結果、細菌が繁殖し、口臭となります。

会議 仕事中など緊張時は口臭が強くなります

関連するページ  口臭 セルフチェック  自分でできる口臭確認法



Q.お酒を飲んだときに口がにおう気がします。

A.
アルコールは利尿作用があるため、脱水症状をおこしやすくなります。脱水症状をおこすとドライマウスの状態になり、口臭が発生しやすくなります。

乾杯! アルコール飲料を摂取すると、口臭が発生しやすくなります

関連するページ  口臭の原因になる食べ物



Q.口臭が強い友人がいます。口臭が移りそうで不安です。大丈夫でしょうか?

A.
口臭の主な原因は口内の細菌です。移ることはありませんので、ご安心ください。

関連するページ  スメルハラスメントと口臭



Q.朝起きたときに口臭がします。

A.
夜、寝ているときは、唾液の分泌がほとんどなくなるために細菌が繁殖し、口臭が発生しやすくなります。

目覚まし時計 起床時は口臭が強い傾向があります

関連するページ  口臭が強くなる時間



Q.口臭の原因物質は何ですか?

A.
口臭の原因物質には、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド、アンモニア、インドール、アミン、アセトン、アルコールなどがあります。主に口の中の細菌によってタンパク質が分解されて発生します。

関連するページ  口臭の原因物質



Q.生理前に口臭がするのですが、気のせいでしょうか?

A.
気のせいであることもありますが、生理前はホルモンバランスが乱れやすいため、口臭が発生しやすくなります。

口臭 生理前は口臭が強くなります

関連するページ  生理前、生理中の口臭



Q.妊娠中は口臭が強くなりますか?

A.
妊娠中は、つわりや不規則な食生活による口の中の汚れ、唾液の減少(ドライマウス)などにより、口臭が強くなりやすい傾向にあります。日本口臭学会での研究報告では、ジメチルサルファイドの臭いが、妊娠していないときよりも強くなるとのことです。

関連するページ  妊娠中の口臭  マタニティ歯科



Q.タバコは口臭の原因になりますか?

A.
なります。タバコは、においの元となる200種類以上の成分が含まれています。成分のうち、アンモニア、スカトールは糞尿の悪臭成分にもなっています。

タバコ タバコの中には、糞尿の悪臭成分と同じものも入っています

関連するページ  タバコと口臭  タバコ



Q.臭い玉(膿栓)は口臭の原因になりますか?

A.
膿栓は細菌や食べかすなどで構成されているため、口臭の原因になることがあります。

関連するページ  膿栓(臭い玉)と口臭



Q.強い口臭があります。口を閉じていれば、口臭はバレませんか?

A.
口を閉じていれば臭いは和らぎますが、他人に口臭は分かります。

関連するページ  口臭が強くなる生活習慣



Q.お茶は口臭予防に有効ですか?

A.
適度な量であれば口臭予防には有効ですが、過度の摂取は口臭が強くなる原因になります。

関連するページ  お茶の口臭予防効果



Q.口臭が発生しやすい年齢はあるのでしょうか?

A.
口臭は全ての年代におこりますが、高齢になると唾液が減少したり、歯周病が進行することが多いため、口臭は発生しやすいといえます。

関連するページ  更年期の口臭  老人性ドライマウス



Q.口臭は遺伝するのでしょうか?

A.
口臭は遺伝することはぼぼありませんが、魚臭症(トリメチルアミン尿症)による口臭は、遺伝が関与しているのではないかとされています。また、口臭が発生しやすい口の中の構造、汚れがつきやすい歯並びなどは、遺伝する可能性はあります。

母子 口臭の遺伝はありません

関連するページ  魚臭症と口臭  矯正歯科・歯並び  子供の口臭  子供の口臭 Q&A



Q.口臭がひどいと自分では思うのですが、家族は何も言いません。

A.
口臭が強くてもご家族が気を使って言わない場合、自分では口臭がすると思っていても、実際には口臭がない場合があります。

関連するページ  口臭 セルフチェック  自分でできる口臭確認法



Q.市販の口臭測定器を使用していますが、検査結果がおかしい気がします。

A.
市販の口臭測定器は医療機器ではなく、簡単な構造でできているため、口臭に関係のないガスや水蒸気にも反応することがあります。

関連するページ  口臭測定



Q.口臭があると家族に指摘されたので、一生懸命歯をみがいていますが、変わりません。どうしたらいいのでしょうか?

A.
歯みがきだけの口臭予防は限りがあるため、歯のクリーニングなど、歯科医院での処置が必要と思われます。また、歯みがきによって口臭が強くなることもあります。

歯磨き 歯みがきだけの口臭予防には限界があります

関連するページ  歯を磨くと口臭が強くなる理由  口臭治療の流れ



Q.胃が臭いから口臭がするのでしょうか?

A.
胃が悪いと口臭の原因になりますがまれです。胃には飲食物や消化液の逆流を防ぐ働きがあり、飲食物が通過するとき以外は閉じられており、ゲップ以外で胃の中の空気が出てくることはありません。

関連するページ  胃の病気と口臭



Q.口臭は現代病ですか?

A.
いいえ、昔からあります。紀元前のギリシャの医学書には口臭治療が記載してありますし、古代ローマ帝国では口臭予防のための洗口剤がありました。アジアでも紀元前のインドや中国に口臭に関する記録はありますし、日本でも日本書紀(720年)に楊枝の口臭予防機能が記載されています。口臭は昔から人類にとって大きな悩みだったようです。

ギリシャ ギリシャでは紀元前から口臭治療がおこなわれていました



口臭の予防方法、改善方法についてご不明な点がありましたら、些細なことでも構いませんので、ご来院の際にお気軽にお問い合わせください。


※当クリニックへのアクセスについては、下記のページをご覧ください。
  交通アクセス・駐車場案内図(横浜市都筑区、港北区など近隣よりご来院の方)
  青葉区・宮前区からのご来院(横浜市青葉区、川崎市宮前区からご来院の方)
  小田急線沿線からのご来院(東京都町田市、川崎市麻生区、多摩区などからご来院)
  横浜線沿線からのご来院(横浜市緑区、相模原市などからご来院の方)
  南武線沿線からのご来院(川崎市中原区、高津区などからご来院の方)
  広域路線図 広域道路地図(神奈川県、東京都からご来院の方)
  新幹線・飛行機でのご来院(神奈川県、東京都以外からご来院の方)




関連するページ  口臭