診療のこと、治療に関すること、地域のことなど、日々の出来事を2004年から思いつくままに書いています。中川駅前歯科クリニックや院長について、来院しなけらばわからないこと、ホームページではわからないことも色々書いてあります。来院されている方、これから来院しようと思っている方のご参考になれば幸いです。

院長の紹介  メディア紹介

院長コラム(2004年) 05年 06年 07年 08年 09年 10年 11年 12年 13年 14年 15年 16年 17年 18年 19年 20年


●2020.2.22.
新年度に向けたスタッフの募集は終了しました。多くの方にご応募いただき、心から感謝申し上げます。
今回は歯科衛生士を中心に増員され、4月からスタッフ数は45名ほどとなります。在籍歯科衛生士は20名を超え、定期検診を中心とした予約の取りにくさは改善されるかと思います。
これまで来院される患者様の増加にあわせてスタッフ数を増加させてきましたが、混雑により予約が取りにくくなることがあり、度々ご迷惑をおかけしてきました。今回の増員によって、当分の間は大丈夫かと思います。
医療の世界は、コンプライアンスからアドヒアランスの時代となりました。スタッフが増えても、できる限り患者様のご意見を尊重した診療をおこなっていければと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。

●2020.2.19.
新型コロナウイルス。横浜でも…。
行政の方々は対応に追われ(大変なようです)、一部の病院には心配になった方々がつめかけ、医師会の先生方はダイヤモンド・プリンセスの船内で診察(頭が下がります)、歯科医師会は対応を協議。横浜市大病院や横浜労災病院など、病院と診療所との医療連携に関わる懇親会は相次いで中止に。
出勤時にドラックストアの前を通ると、開店前にマスクを買い求める多くの方々の行列。早く終息することを願うばかりです。

●2020.2.15.
昨日はバレンタインデーでしたが、歯科医師会は真面目に研修会を開催(笑)。
皮膚科の教授を講師として、金属アレルギー掌蹠膿疱症扁平苔癬ラテックス・フルーツ症候群についての講演がされました。
これらの病気は歯科と深い関りがあり、歯科治療が原因で発症する一方で、歯科治療により治ることもあります。皮膚科単独ではなく、皮膚の病気も歯科との連携で治す時代となりました。
1時間半の講演でしたが、興味深く聴講させていただきました。医科歯科連携、これからも深めてまいります。

●2020.2.14.
新型コロナウイルスの感染拡大。この影響で歯科医院で使用するマスク、消毒液、手袋が大幅に不足しています。
2月初めにはマスクの販売が一切なくなり、先週からは消毒液販売の大幅遅延、手袋の購入制限が始まりました。
一部メディアで「歯科医院も大変!仕事にならない」などと報道されていますが、中川駅前歯科ではマスク、消毒液、手袋の在庫は十分にあり、診療ができる体制は整っています。ご安心いただけたらと思います。

●2020.2.9.
ジャーナリストの金子稚子さんを講師として、ACPについての講演会が都筑区役所で開催されました。
命の危険が迫った状態になると、7割の方が医療、ケアなどを自分で決めることができなくなります。ACP(アドバンス・ケア・プランニング)は人生会議と訳され、将来の医療、ケアについてを、事前に家族、親しい人、医療スタッフらと話し合い、共有することをいいます。講演を拝聴して、緩和ケア等を通して、歯科医師もお手伝いできることがあると実感しました。
講演会では、僭越ながら司会をさせていただきました。多くの市民の方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

講演会 講演会

●2020.2.4.
横浜市医師会が主催する、医療的ケア児、重症心身障害児に関する会合に参加させていただきました。会合では、県立こども医療センターの先生らから、現状報告などがされました。
少し前の話になりますが、タナトフォリック骨異形成症(TD)のお子さんにお会いする機会がありました。TDは国内患者数100人の難病。人工呼吸器を使用している8歳の女の子。身長は0歳児ほど。定期的に歯科健診を受け、歯石も取っているとのこと。
障害をもつお子さんは、歯科受診率が極めて低いのが現状。そのような現状が変わっていけばと思います。

●2020.2.1.
4月に改定される保険診療の概要が、厚生労働省から発表されました。
それによると、保険でできるセラミック治療の対象歯が拡大。患者様にとっては吉報!となりました。
今回の改定は、お口ポカンなどの小児の口腔機能発達不全症高齢者の口腔機能低下症の治療が大きく拡大されたのが特徴となりました。
虫歯や歯周病の治療だけでなく、食べる、話す、飲み込むといった口の機能を治療する。歯科医療はその様な方向に向かっています。

指しゃぶり
 指しゃぶりにも要注意!

●2020.1.29.
中国・武漢を中心に感染が拡大している新型コロナウイルス。感染拡大が止まりません。
武漢といえば、地理の授業で「中国三大鉄鋼コンビナートは鞍山、武漢、包頭」と習った都市(今でも習うのでしょうか?)。高校では中国語読みの「ウーハン」でしたが、放送では「ぶかん」と日本語読み(少し違和感)。
さておき、今はハイテク産業が集積し、ホンダ、日産などの日系企業も進出。現地に赴任されている方々も、今朝から順次帰国できるようで何よりです。
訪日旅行者の急減、マスクが飛ぶように売れるなど、日本にも大きな影響を及ぼしていますが、早く終息すればと思います。

2020.1.26.
国立東京医療センターで開催されたユマニチュードの研修会に参加してきました。
ユマニチュードは認知症の方を主とするケア技法。「魔法のケア」として、テレビ、週刊誌で度々紹介されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
認知症で話が通じないから寝たきりにさせ、チューブで栄養補給、押さえつけての診察といったことが、ユマニチュードにより、起き上がることができ、口から食べることができ、スムーズな診察ができる。日本では2012年に国立東京医療センターで始められ、2019年に学会が設立されるなど広がりをみせています。
研修会ではユマニ
チュードの考え、技法について、朝9時から9時間、みっちり学んできました。認知症の患者さんは600万人。学んだことを日々の診療でも生かせればと思います。

ユマニチュード 歯科専門誌でも特集が組まれています

●2020.1.23.
昨夜は歯科医師会の会議。会議が終わり外を歩くと、記録的暖冬といえども夜は寒い。冬ですね。
暖冬の影響で野菜は安く、スキー場の積雪量は例年の半分以下。3月にはスキー場が閉鎖になりそうな状態。寒いといえども、例年通りの冬に戻ってほしいなと思います。
暖冬の影響か、今朝の通勤途中に梅の花が咲いているのを見つけました。「梅 一輪 一輪ほどの 暖かさ
(服部嵐雪)」といったところでしょうか。

2020.1.19.
昨日は歯科大学教授をお招きして、医師、歯科医師、薬剤師ら70人参加のもと、顎骨壊死の研修会が開催されました。
骨粗しょう症、がん治療で使用する薬の副作用により、日本では年1500人以上が発症する顎骨壊死。研修会では顎骨壊死の現状、治療方法のほか、ドイツやカナダでは歯科医院で歯のクリーニングをおこなうことにより、発生数をほぼ0にしたことが示されました。歯のクリーニング、大切です!
研修会では僭越ながら座長を務めさせていただきましたが、盛況のうち研修会は終わりました(ホッ)。
今日は慶應義塾大学病院にて慢性疼痛の研修会。こちらは聴講する立場として参加。聴く立場は気楽でいいものです(笑)。しっかり学んできました。来週末は国立東京医療センターで開催される研修会に参加してきます。

セミナーテキスト
 慶応大学での研修会

●2020.1.16.
高級食パン専門店、銀座に志かわ 横浜中川駅前店がオープンします。
朝10時から営業、事前予約も可能ですので、「美味しい食パンを!」という方は、診療の際にお立ち寄りいただけたらと思います。当院のすぐそばです。
行列ができるパン屋さんになるのですかね。18日オープンです。

に志かわ
 横浜中川駅前店

●2020.1.12.
みなとみらい・パシフィコ横浜で開催されている、横浜デンタルショーに参加してきました。
デンタルショーは歯科材料、機器の見本市。様々な製品を手に取ったり、試してみたり…。歯科オタクの私にとっては、ディズニーランド以上に楽しい場です(笑)。いくつかの新製品は医院に導入させていただきます。
会場では50人ほどの知人に会いました。たくさんの知人に会うのは横浜開催ならではです。メーカーの方に新年のご挨拶をしたり、歯科大学の先輩や近所の先生に偶然会ったり…。これもまたデンタルショーの楽しみの一つです。
2日間で1万人ほどの歯科関係者が来場する横浜デンタルショー。明日は運営スタッフとして参加してきます。

横浜デンタルショー 横浜デンタルショー

2020.1.8.
口腔機能発達不全症という小児の病気があります。
食べる、話すといった口の機能が十分に発達しない病気で、診療をおこなっていると、非常に多くのお子さんがこの病気に該当します。
しかしながらこの病気は知られておらず、保護者の方も気付かないことも多く、治療を受けてないお子さんが殆どとなっています。
小児期に獲得した口の機能は生涯にわたって続き、口腔機能発達不全症は、大人になってからの睡眠時無呼吸症候群などの病気や要介護をもたらすこともあります。
いびき、口呼吸は口腔機能発達不全症の一つの症状です。お子さんの口の機能について、ご心配なことがありましたら、お気軽にご相談下さい。

●2020.1.1.
明けましておめでとうございます。
2020年が始まりました。今年は何と言ってもオリンピックの年。選手の方々は持てる力を出し切り、活躍していただけたらと思います。そして、日本中が盛り上げれば!と思います。
中川駅前歯科は9月に開院20年を迎えます。この20年で歯科の世界は虫歯と歯周病の予防、治療だけでなく、美容、栄養、全身の健康支援と一気に広がりました。
歯科治療で肺炎が予防されたり、認知症や糖尿病の症状が改善したり、睡眠時無呼吸症候群や皮膚炎が治ったり、車イスだった患者様が元気に歩けるようになったり…。
歯科の世界も目まぐるしく変化しています。これまでと同様に、積極的に新しいことに取り組んでいこうと思っています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

日の出
 日の出



院長コラム(2004年)(2005年)(2006年)(2007年)(2008年)(2009年)(2010年)(2011年)(2012年)(2013年)(2014年)(2015年)(2016年)(2017年)(2018年)(2019年)/(2020年



ホーム
院長コラム
院長コラム 横浜・中川駅前歯科クリニック